2018年5月17日 (木)

梅酒の梅


子供の頃、母や祖母が作る
ポテトサラダには、
缶詰のミカンが入ってました。

私や弟は偏食で食が細かったから、
少しでも多く食べられるようにと
入れてくれたのでしょうね。

ありがたいです、が、
当時は私も弟も

ポテサラなんてどうでもいいから
ミカンだけもっとくれ〜‼︎
ぜんぶミカンがいい〜‼︎

と本気で思ってました。


大人になってからは偏食は
なくなりましたが、好きなものだけ
沢山食べたい気持ちは同じ。

たとえば
あの梅酒に入ってる梅だけ
沢山食べられたら…、


売ってるのですねぇ、梅酒の梅だけ。





イオンのコンビニスーパー
まいばすけっとで見つけました。

正確には酒粕に漬けた梅ですが、
ほんのり甘くてお酒味。
美味しい〜。

最近、チョコの食べ過ぎを反省して
平日はチョコ断ちしてるから
代わりににこれを食べてます。






2018年5月12日 (土)

殿町のWAREHOUSE  川崎キングスカイフロントのホテル

  
南房総へ行く時は
自宅→川崎→アクアライン
というルートで行きます。
 
この日もいつものように
川崎の工場エリア、
殿町付近を通ったら、
新しい建物に気付きました。
 
Img_3422
 
 
「WAREHOUSE」という
建物名が掲げられてますが、
倉庫ではなくホテルのよう。
 
6月1日にオープンする
 
 
こんな場所にホテル?
と以前なら思ったでしょうが、
 
羽田の対岸にある
多摩川沿いのこのエリアは
殿町=キングスカイフロントと
呼ばれて絶賛開発中。
(殿はキングじゃなくて
ホントは「田」が由来みたいですが)
 
おしゃれなビルが次々と建ち、
2020年には羽田方面への
新しい橋が完成します。
 
このホテルの場所は
ちょうど多摩サイ沿いで
正面は羽田空港。
 
 
プレスリリースによると
 
“The WAREHOUSE”は、ただ泊まるだけのホテルではなく、サイクリング・ランニングといった リバーサイドアクティビティや気分転換のエクササイズ、多摩川を眺める大浴場でのリフレッシュ、 羽田空港夜景を一望しながらルーフトップテラスで一杯など、思い思いのライフスタイルで自分らしくリラックスしたご滞在が楽しめる様々な機能も備えています。
 
だそう。
サイクリング中のレストラン利用は
ウェルカムってこと?
 
ロビーやレストランの
デザイン画を見るとたしかに
倉庫を意識してます。
 
テラス席ならサイクルジャージや
ランニングウェアでも
大丈夫かな?
 
以下、画像はプレスリリースから
お借りしました。
 
 
D511312628284728_2
 
 D511312623673984
   
 
D511312624517435
 
 
部屋もちょっと倉庫風?
というか尾道のU2っぽい感じ。
 
D511312623699423_2
 
 
大浴場もある!
 
D511312628948561
 
 
多摩サイの海側ゴールは
赤い鳥居ぐらいしか目的地がなく
食事する場所も困ってたけど、
これがあればやる気もUPしそう。
 
オープンが楽しみです。
 
 
 

2018年5月10日 (木)

四万温泉 積善館 食事&感想

   
積善館 桂松亭の夕食は、
一部の部屋以外、部屋食です。
6時または6時半からの選択でした。
 
 
結論から言うと、
群馬県らしさはほぼありませんが、
洗練されたとても美味しい食事でした。
 
加えて、担当スタッフのS君が
(某国民的アイドルグループのS様と
同じ苗字の20代)
本当に素晴らしい接客で
より美味しく頂くことができました。
 
 
 
前菜
右の鯛の白子寄せがお酒に合います。
 
Img_3335
 
 
椀盛は鯛真蒸
 
Img_3339
 
 
お造りも、
海なし県ゆえ日本海沿岸地域から。
美味しかったです。
 
Img_3340
 
 
 
鯛の焼物と筍万十
 
Img_3341
 
 
台の物だけが
陶板焼きだったのでちょっと残念。
お肉は箸で切れるほど柔らかく
とても美味しかったです。
 
Img_3345
 
銅板焼きは
部屋が臭くなるし、
 
焼くなら料理人さんに香ばしく
仕上げてもらう方が
美味しいと思うけど
大型旅館では難しいのでしょうね。
 
 
ご飯と赤出汁に続いて
デザートです。
 
右側のりんごゼリーが
めちゃめちゃ美味かった!!
アップルパイ中身と
アイスみたいな味?
 
Img_3346  
 
 
今回、  
名札をつけた夕食担当のS君は、 
初めにちゃんと名前を名乗ってから
サービスを開始してくれました。
 
記憶を探っても、 
スタッフがちゃんと名乗って
挨拶してくれる宿は
あまりないのですよね。
 
ちょっとしたことだけど
これがあるのとないのとでは
全然違うと感じました。
 
終始柔らかな笑顔で説明しつつ、
ちゃんと世間話もそつなくこなすS君。
 
まだ3年目だそうですが、
こういうことって教えられなくても
できる人は自然にできちゃうのでしょうね。
そのうち他の宿からスカウトされそう。
 
このS君だけではなく
他の若いスタッフも挨拶だけではなく
世間話ができたのには驚きました。
 
 
 
朝食はラウンジで頂きます。
8時、8時20分、8時40分から選択。
私たちは一番遅い時間にしました。
 
 
朝食も美味しかったです。
黒い漆器も洗練されてます。
 
Img_3356  
 
Img_3357
 
Img_3359
 
Img_3358
 
 
ただ、
夕食とは別の宿?と思うほど
朝食はくつろぎ感がなかったのが
残念でした。
 
これはたぶん
ラウンジスペースの都合上
3回の入れ替え制だからでしょう。
 
 
スタッフは丁寧だけど
運んで説明を終えたら
すぐに立ち去ってしまうし、
 
お茶も最初に運ばれたものだけで
食後にもう一度淹れてくれない。
食後のコーヒー類は有料です。
 
スタッフも少人数で忙しいから、
早く食べ終えてもらって
次の組の準備をしたい? 
という宿側の思いがなんとなく
感じられてしまいました。
 
コストとか、人手不足とか、 
いろいろ事情があるので
仕方がないのでしょうね。    
 
 
とはいえ、
全体的には
老舗有名宿にありがちな
残念な点などはなく、
 
溫泉はもちろん
お料理、サービスなど
どれもとても良かったです。
 
山荘は音がかなり響くので
ゆっくりしたいなら
桂松亭の方がオススメです。
 
CP満足度的には
桂松亭なら標準客室の方が
良いのでは?
 
私達も次に泊まる機会があれば
そちらにすると思います。 
 
 
 
おまけ   
温泉街からすぐの
桃太郎の滝付近で見た
四万ブルー。
 
色補正はしてません。
ホントにこのままの色でした!!
 
Img_3382
 
 
 

2018年5月 7日 (月)

四万温泉 積善館 桂松亭 部屋


先日の新潟旅の帰りに
群馬県は四万温泉の積善館に
宿泊してきました。






さすがは人気の有名宿、
本館前は見学や日帰りで入浴などの
お客さんで賑わってました。





今回は急に決めた旅ゆえ
積善館なら山荘!と決めてた
部屋は取れず、桂松亭になりました。
(結果的にこれで良かったです)


宿泊したのは5階、梅ケ枝の7、
和室&ベッドルームがあります。







部屋は二人には広過ぎるほど。
布団の寝心地が心配だったので
ベッドがあるタイプにしたのですが、

まさかの確認ミス!

ベッド、一台だった・・・






2台じゃないとダメなのです。

2台の部屋もあるみたいですが
リクエストが必要だったのかも?

満室だからチェンジは無理そうだし。


仕方ないのでお布団を
1組だけ敷いてもらって
私がベッドを独占しました。

ま、どうせオットは酔っ払って
畳の上でも寝ちゃうからいいでしょう。








洗面スペースです






使わなかったけど立派なお風呂、
温泉ではないそう。






女性用のアメニティ







こちらは男性用です。






部屋の鍵は2つありましたが
湯籠は1つで、浴衣、作務衣、
パジャマまでありました。








冷蔵庫には無料の
ペットボトルが2本と
ピッチャーに温泉水がありました。


お風呂にタオル類はなく
部屋から持参します。

浴衣とタオルは一枚だけ。
私はタオルを枕にするので
追加をお願いしました。

タオル持参はちょと残念でしたが
これは

リーズナブルな本館から
桂松亭のハイクラス客室まで、

全ての価格帯のお客さんが
同じお風呂を使うためではないかと。

ゆえにタオルは使い放題じゃないし、
シャンプー類は基本的に
ノンブランドのなのでしょうね。




心配だったお布団は

西川のマットレスの上に
敷布団が敷かれてたので
寝心地はまるでベッドのよう。
布団が苦手な人でも大丈夫そうでした。





最近は寝具の寝心地や飲み物が
すごく気になります。

だってお金を払ってるのに
寝苦しいのは嫌だし、

せっかくの
美味しいごはんなのに
合うお酒が飲めないのは
残念ですから。


あと、
積善館といえば元禄風呂。
撮影禁止のため写真はありませんが
期待通り、レトロな雰囲気と
トロトロのお湯を堪能しました。


食事、感想に続きます。



2018年5月 5日 (土)

山と海と自転車


最近、
体重は全く変わらないのに
スカートがキツいです^^;

苦しいからついつい
ウェストゴムのばかりに
頼ってしまう。

たぶん自転車にあまり
乗ってないからだと思います。

このままでは入るスカートが
なくなってしまうので
もっと乗らなくては。


40歳を過ぎてから
運動を始めて10年。

もしも50代まで全く身体を
動かしてなかったら
恐ろしい事になってたかも・・・

ほんの2〜3ヶ月サボッただけで
こんなに体型に影響するのだから
年を重ねるほど運動は必要です。




今日は久しぶりに自転車に。


山は青く





海も青い






帰宅後は
昨日のジャズライブで
サックスを聴いたら
スパイロジャイラな気分だったので
この一枚を。




A面とB面でぜんぜん違うのは
オトナの事情だったのかしらん。

2018年5月 4日 (金)

城山ジャズフェスとブロワ珈琲


毎年、終わってから気付いて
行けなかった館山の
城山ジャズフェスティバル。

やっと今年は行けました(^ ^)






館山の城山公園で開催される
このイベントは
地元出身のジャズフルート奏者
深津純子さんがディレクターを務め、
プロや地元の音楽愛好家の
皆さんが出演します。

ライオンズクラブ主催なので
入場は無料。

ジャズ好きはもちろん
ご近所さんや出演者の親族の皆さんなど
お客さんも様々でした。

飲食、お喋り自由、ピクニック感覚で
のんびりした雰囲気が良かったです。

私達も存分に楽しませて頂きました。



来年は電車で行って
飲みながら見よう!


コーヒーがなくなりそうだったから
イベント帰りに館山の
ブロワ珈琲焙煎所へ。




今回はパナマと東ティモールの
豆を購入しました。

いつもは東京の家の近所にある
焙煎所で買ってますが、
そこでは扱ってない地域にしてみたけど
美味しいといいな。


2018年4月30日 (月)

バードさんの新潟、レコルタカーブドッチ


新潟では自転車に乗る時間が
なかったので
市内を軽くランしました。

何度も読み返してる大好きな
イザベラバードの日本紀行。

この本に記載された
明治初期の新潟は運河の街。





運河は埋め立てられてますが
信濃川沿いは
きれいに整備されてました。





イザベラバードによると
市内には寺町があり
その向い側は花街だったそう。

ランニングしながら
その名残りを探したところ、

たしかにお寺が集まる通りがあり
その向い側は料亭や居酒屋などの
歓楽街になってました。

たくさんある路地は江戸時代の
道幅のまま。



バードさんもここを歩いた?
と思いを巡らせながらの散策は
楽しかったです。


ランでお腹が空いたら
ワインと美味しいごはん!

新潟駅近くの
レコルタカーブドッチにて。

ワイナリー併設のホテルは
大人気でなかなか予約が
取れないので、

今回は駅近くの
ビジネスホテルに泊まり、

ワイナリー直営のレストランで
食事することにしたのでした。



ワインはグラスで
いろいろな種類が飲めます。

お料理はイタリアンが中心。

最初に沢山のオーダーしようとしたら
お店の方に「前菜の盛り合わせが
かなりの量だから」と
止められたのですが

たしかにボリューム満点(^ ^)




その他、

蒸し野菜のカルボナーラソース




雪室熟成の鴨




鳥そぼろパスタ





どれも美味しくて大満足でした!




2018年4月29日 (日)

新潟で酒旅中


今年のGWは長く休めることに
なったのでクルマで
出かけることにしました。

急に決めた旅ゆえ
目的はシンプルに。
酒旅です(^_^;)


こんなとことか













こっちもやっぱり来なくちゃ。











新潟、楽しい〜。

2018年4月22日 (日)

ショックな遭遇とつつじ満開中

   
2週間ぶりに
南房総の小屋に行ったら、
 
ベッドの下に10センチ弱の
黒い紐のようなものを
見つけました。
(写真はありません)
 
 
これって、ひょっとして、、、
 
ギャー!!!!!!
 
 
ミイラ化したム◯デでした。
 
 
生きてるのじゃなくて
良かったけど
どこから入ってきたのでしょう?
 
あーもう、ホントに苦手です。
 
3cm以上のクモと、Gと
ム◯デは絶対に嫌!!
 
 
この5年間、
家の中でム◯デを見たのは
今回が2回目。
 
あの時も
2〜3週間ぶりに来たら
台所の排水口の中に
5cm位のヤツがいました。
まだちょっと生きてたし、、、。
 
 
ちなみに大きいクモは
2〜3ヶ月に一回は見ます。
 
Gはコンバット置いてるから
滅多に見ないけど。
 
 
小屋生活は楽しいけど
虫とカビ問題だけは本当に嫌。
 
最近は、
自然がいっぱいの場所で
素敵な別荘を見ると、
 
まず最初に思うのが
「虫すごそう、、、」に
なってしまいました。
皆さんどうしてるのでしょうかね。
 
 
さて、気をとりなおして
自転車です。
 
まずは 
桜が終わり、
静かになった佐久間ダムへ。
 
Img_3245
 
 
ベンチに座って、
目の前に広がる
この景色を見ながら
ランチ休憩しました。
 
Img_3249
 
 
桜の次はつつじです。
ちょうど見頃を迎えてました。
 
 
となると、
つつじの季節だけ
島っぽい絵が撮れる
この場所へ行かなくちゃ。
 
どうでしょうか。
南の島で撮ったように
見えませんか。
 
なんだか
ブーゲンビリアみたい。
 
Img_3251  
 
 
この日は海も南国の色でした。
 
Img_3256
 
 
久しぶりの自転車は
楽しかったです。
もっと頻繁に乗らなくちゃ。   

2018年4月17日 (火)

魔法の調味料 ヤマサプレミアム醤油

   
3月下旬からひのき花粉で
ずっと調子が悪く、
仕事以外は外に出ない日々です。
 
できるだけ薬に頼りたくないから
我慢してたけど、
ついに点鼻薬を処方してもらい
少し楽になりました。
ふー、やれやれ。
 
 
わからなくなってた味覚も
ようやく復活しました。
 
 
最近の好きな味です。
 
一時期、
買えなくなってしまい、
とても残念だったヤマサの
ロブションさんのグルメ醤油。  
 
いつの間にか
名前をプレミアム醤油と
変えて再発されてました!
良かった〜。
 
Img_3195
 
 
これホントに美味しいです。
出汁醤油だけど魚系のものは
一切入っておらず、
フルーツや赤ワインがベース。
 
グリルした野菜にこれを
かけるだけで格段に美味しくなります。 
 
お醤油だから
昆布や鰹節ともよく調和するので、
こんな食べ方が好き。
 
シンプル過ぎて恥ずかしいですが、
ピーマンをそのまま
オーブンで焼いて
熱いうちにこれと鰹節で和える。
 
Img_3225
 
ピーマン、いくらでも食べられます。
 
玉ねぎの丸ごと焼きにかけても
美味しいですよ。
 
 
 
 
 

2018年4月 8日 (日)

43倍の花粉と味噌ピーで日本酒

   
この日の南房総は強風のため、
自転車は諦めて軽く走りました。
 
光が眩しい〜、
紫外線に要注意の季節ですね。
 
Img_3213
 
 
が、それよりも
今の私にとっては
花粉の方が大変です。
 
報道ではヒノキ花粉が
去年の43倍も飛んでるって(゚ー゚;
 
どうりで3月下旬から
いきなり目の痒みや
鼻の諸症状が酷くなったわけです。
 
ちなみにスギ花粉は
舌下免疫療法4年目なので
もうほぼ症状は出ません。
 
これを毎日、
5年間摂取するのです。
(日にちを書くのは飲み忘れ予防)
 
Img_3221
 
あと残り1年半、
ゴールが見えてきました。
 
でもどうせなら「ひのきエキス」も
入れて欲しかったなぁ、、、。
 
 
 
花粉症だから
アルコールは控えるべき?
 
でも
美味しいから飲んじゃう。
 
千葉のお酒には
味噌ピーナッツが合うのです。
 
Img_3205
 
 
うちの実家は千葉県とは
全く縁がありませんが、
なぜか母親が味噌ピー好きだったので、
子供の頃から食べてました。
 
日本酒だけではなく
泡盛にもよく合うと思います。

2018年4月 1日 (日)

貸し切り状態でお花見

 
南房総でもお花見しました。
 
Img_3178
 
 
桜の名所の佐久間ダムは
混雑が予想されるため、
旧富山地区の展望台へ。
 
 
思った通り
だあれもいませんでした。
貸し切り状態です。
 
Img_3172
 
 
地元のお弁当屋さん、
「としまや弁当」のおにぎりと
唐揚げ&ポテサラも
 
花も愛でながら食べると
より美味しく感じます。
↑自分で作る気は全くない(^-^;
 
 
満腹になった後は
自転車に乗りながら
町のあちこちで桜を見ました。
 
Img_3181
 
 
 
オットの祖父が鋸南町の
生家近くに植えた大島桜も。
 
Img_3189
 
 
大島桜の葉っぱを見たら
やっぱり食べたくなるのが桜餅。
同じく鋸南町の和菓子屋さんで
買いました。
 
Img_3190
 
塩気がしっかり効いた葉と
甘さ控えめの餡が美味しい。
 
無印の抹茶どら焼きと
館山産の苺も添えて。
 
 
今年は東京&南房総で
花見ができました(*^-^)
 

2018年3月30日 (金)

プチ桜餅&草餅

  
東京の桜は
今週末が見納めでしょうか。
 
近所の神社の枝垂桜も満開です。
 
Img_3162
 
新緑もきれいですね。
これは通勤途中の公園です。
 
Img_3156
 
 
そしてやっぱり花より団子。
東急ストアで見つけました。
 
一口サイズの桜餅&草餅、
こういう可愛いモノに弱いのです。
 
Img_3164    
 
Img_3166  
 
 
どこで作ってるの?と確認したら、
”十勝大福本舗”
実家の隣町、
北海道、幕別町の会社でした。
ちょっと嬉しいかも。
 
葉っぱの大きさが問題ですが、
プチ柏餅もぜひ作って頂きたい! 
 
 

2018年3月29日 (木)

信金で古き良き昭和を喜ぶ

    
ずっと興味があった
定期預金を申し込みました。
 
城南信用金庫の
懸賞金付き定期預金です。
 
懸賞金は現金の他に、
旅行券、宝塚鑑賞券、
グルメ・ギフト、お米など
とっても魅力的。
 
 
信金って、
実家は自営業だったから
とても身近な存在でしたが、
自分で口座を持つのは初めてです。
 
行ってみてもうびっくりでした。
銀行とはぜんぜん違う!
 
まず、
座って待ってると、
案内係の人が
一口サイズのお茶と
飴を持ってきてくれて、
 
申し込みしたら、
オリジナルティッシュと
メモパッドもくれました。
 
Img_3158
 
昭和の頃の銀行ってどこも
こういうサービスがあったけど
今は何もないのがあたり前。
ポケットティッシュだってくれないもの。
 
窓口のお嬢さんから
手渡された時に思わず
「えっ、すごいですね」と驚いたら、
 
彼女も”そうでしょう”と
言わんばかりに微笑んでました。
 
こういうことにかけるコストを
もっと他のサービスにという
意見もあると思いますが、
 
ノベルティグッズを発注するのは
何か理由があるのかもしれません。
 
それにしても
超低金利の今、
 
性格的に投資は向いてないと
わかってるので
楽しみがあるものを選んだのですが、
 
宝くじよりも確率が良い気がする。
(あくまでも希望的観測です)
 
100万円じゃなくていいから
(本音はもちろん欲しい!)
旅行券が当たるといいなぁ。
 
 
 

2018年3月25日 (日)

池上本門寺へ桜ラン

先月からずっと週末は
自宅を留守にしてたので
今週は東京で過ごしてます。

となると
やっぱり花見に行きたい!
池上本門寺まで散歩ランしました。

川沿いの桜はまだでしたが






境内は8分咲き位かな?








大勢の人で賑わってました。



寺町付近のお宅のわんこ。
いつも道路で昼寝してます。






ランチはまたまた你好で
羽根つき餃子にしました。

シンプルに餃子だけ。
一人で2人前をペロリ。

帰宅途中でアイスも食べて
シメは桜餅を。





走った分以上に食べてますが
夕飯はジンギスカンの予定。
北海道人にとって花見といえば
ジンギスカンですから(^ ^)

«名残雪と勉強道具