2018年2月18日 (日)

ミモザと苺たっぷりおやつ

  
今年もそろそろかしらん?と
観に行ってきました。
鋸南町の佐久間ダム。
 
Img_2900
 
 
ここは水仙や桜の名所ですが、
私達のお目当ては
湖畔に咲くミモザです。
 
 
どうかなぁ、、、
 
うーん、
開花まであと一歩でした。
 
Img_2893
 
 
Img_2885
 
 
でも来週は来られないから
これが今年の見納めです。   
ちょっとだけでも観られて良かった。
 
 
帰りは桜の並木道で。
この場所はたぶん地元の方しか
知らない場所。
自転車だから発見できました。
 
Img_2908  
 
 
この日のおやつは
道の駅で買った苺ケーキです。
 
Img_2912
 
 
房州産の苺をたっぷり添えました。
というか苺の方が多いですね。
 
Img_2914
 
Img_2917   
 
 
ミモザを観たので
ジョージ・ベンソンの
ミモザを聴きながらいただきました。
 
ベンソンのギターも良いけど、
このアルバムのジミー・スミスが
とってもリラックスした感じで
大好きです。
 
Img_2922
 
 
そういえばこの日、
帰りの館山道&アクアラインは
すごく空いてました。
夜7時で全く渋滞なし。
 
寒かったから?
それとも
オリンピックの影響でしょうかね。 

2018年2月16日 (金)

お値段以上、ニトリのスツール

東京の自宅でオットマン代わりに使う
スツールを買いました。

ニトリのウレタンスツールです。







軽くて邪魔にならず、
もし処分したくなった時に
困らないもので探したら
これが条件にぴったりだったのでした。

でも、
サイトの写真はお値段なりの質感。
実物を見るまで心配でしたが
さすがはニトリ。
お値段以上だわ〜(^。^)

*色は一枚目の写真が実物に
近いです。





ホントに軽い!
なのにスツールとして座っても
安定感があってなかなか良いです。
カバーの種類を増やして欲しいなぁ。

2018年2月11日 (日)

桜と猫と春の練りきり

   
南房総では頼朝桜が
咲き始めました。
満開まであと1〜2週間でしょうか。
 
Img_2845
 
 
オットの祖父が鋸南町の
生家近くに植えた大島椿も。
 
Img_2853_2
 
 
この日は自転車に乗っても
寒くなかったです。
というより、着込みすぎて暑かった。
 
Img_2854
 
 
和の花を愛でたら食べたくなるのが
美味しい練りきりです。
 
鋸南町の和菓子屋さん
「重田」へ行こうと
自転車で走ってたら、
 
屋根の上で寛ぐ?猫さん達を発見。
漁港が近いので猫がたくさんいるのですね。
 
Img_2858
 
 
さて、練りきりです。
「紅梅」と「ふきのとう」 にしました。
 
Img_2863
 
館山産の苺も一緒に。
美味しかった!
 
次はミモザも見られるといいな。
 
 
 
 
 

2018年2月10日 (土)

ソロー千葉のペレット

  

小屋で使っている


ストーブの燃料は


ペレットと呼ばれる木屑を


固めたものです。




薪より入手は簡単ですが、


さすがに店頭では買えないので


これまでは


長野、東京、岐阜などのメーカーから


宅配便で送ってもらってました。




でも、


ついに千葉県産のペレットが


お店でも買えるようになりました!!




南房総地域で扱っているのは


ホームセンター、


ジョイフル本田の君津店です。






ストーブ売り場に行くと、、、




ありました!!




Img_2827








千葉県山武市、木更津市で


伐採されたヒノキと杉の


間伐材が原料のペレットです。






早速使ってみると


すっごくよく燃えました。


これまで使った中では間違いなくNo.1




Img_2843


 






あまりにも炎の勢いが良いので


ストーブが壊れたのかと思ったほど。


燃えた後の灰の量も少なかったです。






このペレットはあの通販生活の


カタログハウスが


間伐普及のために立ち上げた事業で、




ソローは


「森の生活」のソローにちなんで


命名されたとか。 






高品質だし、   


お店で買えるのは本当に有り難い。


これからも作り続けてもらえるように、


少ない量ではありますが、


購入し続けたいと思います。
















2018年2月 4日 (日)

梅とアップルカスタード

      
今週末は東京で過ごしました。
 
多摩川沿いを走ったら
梅が咲いてるのを発見。
 
Img_2817
 
 
川岸の日当たりが良い場所ゆえ
もうすぐ満開になりそうでした。
 
Img_2815
 
 
RUN後のおやつは
近所のお店で買った
アップルカスタード。
 
焼きリンゴの中に
カスタードクリームがたっぷりです。
 
Img_2819
 
 
半分に切って、
朝焼いたホットケーキの残りを添えました。
 
Img_2824
 
 
粉はまたまた
日清の「極もちホットケーキ」
前回よりも正確に水を量って
入れたので、更にふっくら焼けました。
(またまたオーブン使用)
 
どうでしょうかこの気泡。
うっかり自分が料理上手と
勘違いしそうですが、
これは日清さんの技術力。
 
添加物を気にする方には
オススメできませんが、
 
気にしなければ、
いろいろアレンジできて
便利ですよ。
 

2018年2月 1日 (木)

日清 極もちホットケーキミックス

   
なんだか美味しそうだったので
買ってみました。
 
日清のホットケーキミックス
「極もち」
 
Img_2793
 
 
ホントにしっとり、もっちり食感?
だったら嬉しいなぁ。
 
普通にフライパンで焼こうと
思ったのですが、
最近ズボラ度が増々高くなり
 
フライパン洗うの面倒くさい、、、
 
ということで、
オーブンで焼きました。
 
 
泡立器を使うという指示は無視。
卵と牛乳と粉を箸で混ぜて
生地を作り、
 
オーブン可の平たい器に
くっつかないホイルを敷いて
流し込みます。
 
Img_2792
 
 
少し低めの方が
じっくり火が通るかと思って
180度に設定。
15分位焼いたら
 
できた!!
 
Img_2795
 
 
あとは適当な大きさにカットして
バターを乗せていただきます。
 
Img_2798  
 
 
うん。
美味しいです。
お店のホットケーキみたいに、
しっとり&ふっくら。
 
子供の頃によく食べた
六花亭本店喫茶室の
ホットケーキを思い出しました。
 
 
ちなみに断面はこんな感じ。
 
Img_2806
 
 
甘さは控えめでしたが
私には十分甘かったので、
バターの塩分と
フランボワーズの酸味で調整しました。
 
 
それにしても、
適当に材料を混ぜただけで
こんな簡単にふっくら焼けるなんて
一体どういうテクノロジーなのでしょう?
 
きっといろんなモノが
添加されてそうですが
それは見ないことにしました。 
 

2018年1月28日 (日)

やっといつもの週末

  
12月からずっと
慌ただしい感じが続き、
南房総に来ても
自転車に乗ってませんでした。
やっといつもの週末です。
 
起きて、ご飯食べて、
自転車に乗って
撤収作業の前に小休憩。
これがいつものパターン。
 
 
お天気は残念ながらどんよりでした。
手足が冷たかったです。
 
Img_2776   
 
 
小屋に戻ってレコードの時間。
冬っぽいAORということで、
 
Img_2781
 
音は夏だけどランディの声は
暖かく響きますね。
 
で、これを聴いたら
この皆さんも聴きたくなる。
 
Img_2784
 
 
この日のお菓子は
苺大福です。
地元のお菓子やさんまで
買いに行きたかったけど
雨が降ってきたので断念しました。
 
最近は季節を問わず
スーパーで売ってる
山崎パンの苺大福。
 
Img_2791
 
 
中の苺はけっこう大きくて
美味しかったです。
 
Img_2789

2018年1月27日 (土)

南房総は暖かでした


月曜日に雪が降ってから





寒さのため
東京の自宅のエアコンが
ほとんど運転不能状態に
なってます(涙)

オイルヒーターや
電気ストーブを
ブレーカーが落ちない出力で
組み合わせて使ってますが
全然暖まらない。
ホントに寒い!


毎冬、何度かはあるけど
こんなに長く続くのは初めてです。
参りました。


でも外は北海道の人が
「今日はあったかいねぇ」
というレベルの寒さでしょうか。
痛くないからまだまた大丈夫。



南房総に来たら
やっぱり暖かでした。







今日は波も穏やかで
風も辛くない。





小屋もストーブがあるから
視覚的にもホカホカ。





先日の霧島旅で買ってきた
霧島酒造のビールです。

さすがは大手が作るクラフトビール。
ラベルもおしゃれですね。

2018年1月25日 (木)

霧島旅のあれこれ

   
霧島旅の備忘録です。
 
 
鹿児島空港に到着して
レンタカーを借りたら
まずはお昼ご飯。
空港から近いざぼんラーメンへ。
 
Img_2624
 
後味あっさり、
チャーシューもよく
煮込まれていて
美味しかったです。
 
テーブルの上に置かれてる
大根漬けは食べ放題。
 
薄味でさっぱり。
ラーメンに合いました。
が、地元の方々は
お醤油かけてた(笑)
 
 
霧島神宮からすぐの
都城ワイナリー。
 
Img_2633
 
Img_2629
 
 
まだ全て地元産の
葡萄ではありませんが
9割使用した赤を買いました。
飲み頃は3年後位だそう。
大事に寝かせます。
 
ワイナリ−の正面には
葡萄畑&霧島の山々。
 
矢印、一番左が新燃岳です。
 
Img_2631
 
 
去年の噴火は
収穫後だったものの、
火山灰が降ったため、
土壌は再び酸性に。
 
石灰を大量に撒いて
改良してるそうです。
 
 
 
霧島溫泉の中心地。
あちこちに湯けむりが、、、。
街全体が硫黄の香りに包まれてました。
あー、ここに住みたい、、、。
 
Img_2666
 
 
 
2日目は、
黒霧島でおなじみの
霧島酒造の霧島ファクトリーガーデンへ。
 
宮崎県だけど
霧島溫泉から1時間弱で行けます、
 
 
焼酎工場、ビール醸造所、
レストランなどがある、
すっごく広くて立派な施設でした。
さすが大手メーカー。
 
Img_2727   
 
Img_2734
 
 
 
敷地内には焼酎神社もありました。
 
Img_2731
 
 
手水処、
焼酎ではなく水です。
 
Img_2737
 
 
ここはビールとパンを
買うのが目的でした。
 
ベーカリー、楽し過ぎ!!
どれも美味しそうで
全部食べられないのが
ホントに残念。
 
Img_2738  
 
 
そして黒酢畑&桜島。
 
Img_2741
 
 
霧島旅、楽しかったです。
溫泉に、ワイナリー、ビール醸造所、
焼酎醸造所、、、
酒旅を堪能しました。
 
霧島温泉には
泊まってみたい宿が
他にもあるので
また行きたいと思います。

2018年1月21日 (日)

摘み草の宿こまつ (鹿児島) 食事&感想

   
摘み草の宿こまつの食事です。
 
 
時間は6時半、7時半の選択でした。
場所は、個室の食事処。
といっても、たぶん後から
仕切って個室風に
したのではないかと。
 
暖炉もありましたが、
 
Img_2709   
 
仕切りがあるため
眺めながら食事できるのは
1組だけ。
 
たぶん一番広いお部屋に
泊まるとこちらになるのでは?
私達はその隣りの個室でした。
 
 
前菜はセッティングされてます。
 
Img_2676
 
Img_2675
 
 
料理を作っているのは
宿の息子さん。
後を継がれたのでしょかね。
まだお若い方でした。
 
たぶん、ほぼ全て手作り。
野菜がたっぷりで
どれも丁寧に作られてました。
美味しかったです!
 
Img_2678
 
 
あおさのお吸い物は大好きな一品。
九州のあおさは香りが違いますね。
お土産に買って機内持ち込みすると
かなり香りが漂います(笑)
 
Img_2682
 
 
デフォルトの地鶏のタタキ。
ホントに美味しかった。
鶏刺しって一生食べなくても
別にいいやと思ってたのですが
これはまた食べたいです。
 
Img_2684
 
 
野菜料理が続きます。
 
Img_2686
 
Img_2688
 
 
ニジマスの揚げ物は
サクッ&ふわふわ。
 
Img_2691  
 
 
和牛のヒレ肉も絶品でした。
肉そのものが美味しいのは
もちろん、
焼き方がプロのお仕事。
 
外側はカリッと香ばしく、
中はレア。
この火加減、教えて欲しいです。
 
Img_2695
 
 
鍋物は豚しゃぶでした。
お肉の写真を撮り忘れましたが
甘くて美味しいお肉でした。
希望すればおかわりも
持ってきてくれます。
 
そしてもちろん野菜もたっぷり。
 
Img_2689
 
 
ご飯はさつまいも飯。
 
Img_2696
 
 
そして水菓子。
よく吟味されたものばかりでした。
大きな苺はさつま乙女だそう。。
あまおうにも負けてない
甘みと香りなので、
これから流行りそうです。
 
Img_2699
 
 
ご覧の通り、
いわゆる旅館料理ではありません。
刺し身、天ぷら、お肉の陶板焼きもなし。
好みが別れるかもしれませんが
私達は好きでした。
甘めの味付けも焼酎にぴったり。
 
焼酎といえば、
お酒メニューです。
 
Img_2679  
 
 
明らかに焼酎以外は
力が入ってない(笑)
ビールは地元の
クラフトビールがあっても
良かったかも。
 
焼酎の種類は少ないものの、
地元でもプレミアム焼酎として
入手困難な「佐藤」や「萬膳」を
揃えてました。
 
特に「佐藤」は美味しいですね。
すっきりなのに香り高く、
後味もさわやか。
良い焼酎に出会えて嬉しかったです。
 
 
 
朝食も同じ場所で。
 
Img_2704
 
Img_2703
 
Img_2705
 
Img_2707
 
 
朝食も湯豆腐とか、
干物を自分で炙るとか、
旅館の朝食ではありません。
 
メインの野菜の蒸し物で、
魚や玉子は少しだけ。
でもどれも丁寧に
作られてるのがわかります。
 
私達にはこれで十分でしたが、
たくさん食べる人には
物足りないかもしれません。
 
 
 
感想です。
 
お湯良し、料理良し。
経年劣化はありますが、
お部屋も施設も隅々までピカピカ。
真冬なのに部屋が
とても暖かくてびっくりでした。
 
料金はお高めですが、
高級宿ではありません。
家族経営の素朴な宿です。
ハレの日とか記念日ではなく
小さな宿でゆっくり過ごしたい人向き。
機会があれば再訪したいと思いました。  

2018年1月20日 (土)

摘み草の宿こまつ(鹿児島)  お部屋編

  
毎年1月の九州旅。
今年は鹿児島県の霧島温泉へ
行ってきました。
 
年に一度は”何か本物に触れる”を
ここ数年のテーマにしてますが、
 
霧島温泉も入浴剤の
「旅の宿」シリーズではよく入ってるのに
本物には入ったことがない!
念願叶っての霧島温泉旅となりました。
 
 
今回宿泊したのは
 
Img_2664
 
場所は霧島温泉街の中心、
家族経営で6部屋だけの小さな宿です。
 
希望日に空いていたのが
和室の「よもぎ」だけだったので
そちらに泊まりました。
 
 
母屋を出た渡り廊下の
 
Img_2660
 
最初のお部屋です。
 
Img_2659
 
 
 
8畳、4.5畳の和室と4.5畳位の洋室
二人には十分過ぎる広さでした。
 
Img_2647
 
 
この洋室スペースの居心地が良く、
ほとんどここで過ごしました。
狭いと落ち着くのですよね。
ホットカーペットが快適でした。    
 
Img_2652
 
 
メインの8畳、夜はこちらに布団。
 
Img_2649
 
Img_2650
 
水屋スペースも広々。
コーヒーメーカー付き。
宿のオリジナルブレンドも
美味しかったです。
 
Img_2636
 
 
食べませんでしたがかき氷の
サービスがありました。
 
Img_2656  
 
 
 
洗面所にはタオル&バスマットが2回分。
助かります。
 
Img_2642
 
 
アメニティーも十分ですが、
身体を洗うタオルやスポンジが
あったらもっと嬉しかったかも。
 
Img_2638  
 
 
お部屋の内風呂&露天風呂
 
Img_2643
 
 
単純硫黄泉かけ流し。
写真を観るだけで香りを思い出します。
 
やっぱり入浴剤とは全然違うお湯でした(笑)
本物のお湯力はスゴイ!
芯から温まりました。
 
Img_2644
 
Img_2655
 
 
パブリックスペースはほぼなく
女性用の浴衣を選ぶスペースに
新聞が少し。
 
Img_2662
 
夕食は食事処で。
次回はとっても美味しかった食事編です。    
 
 
 

2018年1月14日 (日)

冨山地区の水仙

今週末は東京で過ごしました。
写真は先週末のもの。
南房総の冨山地区の水仙、
ほぼ満開でした。











鋸南町の水仙ロードより
規模は小さいですが、
足元で咲き乱れる水仙は圧巻。
毎年楽しみにしてます。
今年も行けて良かった!


道の駅、富楽里(ふらり)では
レンタルカートにビックリ。




動物キャラの着ぐるみ
レンタルもありました。
まだお試し期間中で
本格的なスタートは
春からのようです。







2018年1月 6日 (土)

夕陽と竹鶴17年

     
この日の夕陽も美しかった。
雲に隠れず海に沈むのを
観られるのは珍しいです。
 
Img_2585
 
 
小屋に帰ってのお楽しみは
北海道土産の竹鶴17年。
 
実家の弟が
知り合いの酒屋さんに頼んで
正規価格で入手してくれました。
感謝!!
 
Img_2587
 
我が家のNIKKA3兄弟。
おじさん青バージョンは
私がかなり飲んだかも、、、。
もっと大事に飲みましょう。

2018年1月 5日 (金)

大晦日におせち!

  
実家にあった
地元新聞社のカレンダー。
 
十勝地方のあれこれを
イラストで紹介してます。
 
作ったのは編集&デザインチームの
チームヤムヤム。
 
12月のあれこれは
 
Img_2534
 
そうそう、
おせち料理はなぜか大晦日から
食べ始めるのですね。
我が家もそうでした。
懐かしい、、、。
 
 
 
そのほか今回の思い出を。
 
なんといっても妹の愛犬、
もこちゃんに会えて良かった!!
とっても賢い子なので
カメラ目線で撮らせてくれます。
可愛すぎる。
 
Img_2559
 
 
妹が連れて行ってくれた
芽室のカフェ「四つ葉」も素敵でした。
 
Img_2577
 
Img_2574
 
 
今回は何十年ぶりかで
冠婚葬祭以外の純粋な休みで
帰省しました。
 
久しぶりに歩いて巡ったら
知ってる建物は
ずいぶん減ってちょっと寂しかった。
 
地元を離れて30年以上。
ここで暮らしたのは18年だけだから
あたり前ですよね。
 
でもこれからは、
街が変わることよりも
自分が変わることの方が問題。
 
50代以降は劣化スピードが
どんどん加速するので、
 
あまりにも長く会わないと
”老けたね”と思われる(苦笑)
お互い様なのだけど、、、。
 
せめて隔年でも
帰省しなくてはと思ったのでした。

2018年1月 4日 (木)

図書館での発見


帰省したら行きたいと
ずっと思ってた場所へ、
自宅から歩いて行きました。

やっと少し運動ができた!

こちらに来るとホントに歩かない。
雪や氷で歩きにくいし、
公共交通機関が利用し難いから
仕方がないのですが…。


訪れたのは帯広図書館です。





郷土史のコーナーにある
私の祖父母に関する資料を
探したかったのです。

資料と言っても、
ごく普通の移住者ですから
直接関係があるものはありません。

彼らが北海道へ来た経緯や
当時の様子が少しでも
わかればと思って。

母方は昭和に入ってから
移住したので調べは不要。

父方は明治末期に移住したので
そちらを調べました。

結果は
個人で岐阜の揖斐から来た
祖父一家については、
残念ながら資料なし。



岐阜の美濃から集団で移住した
祖母一家については詳しい資料を
見る事ができました。

明治末期に美濃で起きた
大地震や水害のために
北海道への移住を
決意したようです。

資料の中に偶然祖母の父、
私の曽祖父の写真がありました。




名前しか知らなかったから
嬉しいです。

ひいおじいちゃん、初めまして!
って感じでしょうかね。

写真は晴れ着を纏った立派な姿。
雑穀の商いで
成功してた頃だと思われます。

昔、祖母から聞いた話では
後に事業に失敗して破産、
裕福だった暮らしは一転し、
苦しい生活となったそう。
ドラマによくあるパターン?


郷土史コーナー、面白かったです。
また機会があれば
行きたいと思います。



図書館の後は
六花亭本店で買物して、





レストラン「ホーム」で
グラタンを食べて、




マスヤでパンを買って
帰りました。
↑完全に観光客






«新年