« 南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟 | トップページ | 修善寺 オーベルジュ フェリス »

2008年3月 8日 (土)

天草 五足のくつ

danger過去に宿泊したホテルや旅館の記録として2010年に

記したため、現在の状況とは異なる場合があります。

詳しくは宿の公式サイトをご確認下さい。

              spa

記念日旅行だけど休みの都合上1泊しかできない・・・。

1泊でも、どこかとても遠くて非日常感が満喫できるところということで、

こちらを選びました。宿泊したのはC-1のお部屋です

(記念日旅行ですから;;;)。

行って本当に良かった!希望通りに非日常感が味わえたのはもちろん、

何よりも、帰宅してからも天草関連の書籍を読むほど、

天草そのものがとても魅力的で特別な場所でした。

さらにこちらの宿では、”本当に良いサービス”を

実感することもできました。

 

R0017206

R0017214

R0017241

R0017246

R0017370

 

*おすすめポイント:

 

・立地、眺望、施設、接客・・・、

 評判通りの素晴らしい宿でした。

 

・教会があるエリアは飲食店などが少ない静かな場所、

 お弁当や連泊の昼食を作ってくれるサービスはとても助かります。

 

 

*こうだったらもっと嬉しいかも・・・:

 

・素晴らしいだけにVillaCの細かい使い勝手などが

 気になったところも・・・。

              spa

 

「本当に良いサービスとは?」、人それぞれ意見が異なると思います。

私なりの定義では、”こちらから頼んで親切&丁寧に応えてくれるのが

普通に良いサービス”、”何も言わなくても、様子や雰囲気を察して

親切・丁寧・的確に動いてくれるのが本当に良いサービス”、ではないかと。

普通に良いサービスを提供してくれる宿はたくさんありますが、

本当に良いサービスとなると、残念ながらこちらに泊まるまで

受けたことがなかったことに気がつきました。

それは夕食を終え、バーで飲んでいた時のこと。

              bar

接客していたのは男性スタッフの方お一人のみ。

カウンターには先客の常連とおぼしき二人連れがいたので、

私達はカウンターから離れた隅のテーブル席で飲んでいました。

カウンターでは常連の方とスタッフの方との間で

お話もずいぶんと弾んでいました。

でもその方は、常に私へも気を配っていて・・・、

グラスが空きそうになると、何も言わなくてもすぐにカウンターを出て

席までオーダーを取りに来たり、チョコレートを

持ってきてくれたりと、できるだけ居心地良く過ごせるように

気遣ってくれているのがわかりました。

 

そして帰ろうと席を立った瞬間、再びサッと素早くカウンターから

出てきた彼が差し出したのは・・・、「懐中電灯」!

そう、実は部屋係の方から、”夕食に行く際は帰るときのために

必ず「懐中電灯」を持って行って下さい”と念を押されていたのに、

すっかり忘れていた私達・・・。

VillaCの特にC-1はものすごく急な階段を何段も上るのですが、

街灯が少なくてかなり暗いので、夜はちょっと危険なのです。

               wine

夕食の時に、私達が懐中電灯を忘れたことに気が付いた

部屋係の女性から申し送りがあったのか、それとも

その男性スタッフが気が付いたのかはわかりませんが、

きちんと客の様子を見て、必要なサービスを素早く提供してくれたことに

とても感動しました。実際、懐中電灯なしで部屋に戻るのはかなり危険

でしたから・・・。

本当に良いサービス、残念ながら受ける機会は

あまりないのですが、それだけにこのような出会いがあるのは

嬉しいもので、これも天草の良い思い出となりました。

 

« 南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟 | トップページ | 修善寺 オーベルジュ フェリス »

ホテル&旅館」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562421/48927791

この記事へのトラックバック一覧です: 天草 五足のくつ:

« 南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟 | トップページ | 修善寺 オーベルジュ フェリス »