« 2008年11月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月

2009年5月22日 (金)

支笏湖温泉 レイクサイドVILLA翠明閣

danger過去に宿泊したホテルや旅館の記録として2010年に

記したため、現在の状況とは異なる場合があります。

詳しくは宿の公式サイトをご確認下さい。

          spa

 

札幌に用事があり、それを済ませた後に近くで泊まれる

ところということでこちらに宿泊しました。実は、札幌には

10年間ほど住んだことがあって、その時に一番よく訪れたのが

支笏湖だったのです。市内から近いので午後からでもすぐに行ける気軽さと、

気軽なのに雄大な自然の景観が楽しめる、大好きな場所でした。

翠明閣は、支笏湖の温泉の中で最も湖に近い場所。

他にも魅力的な宿はあったのですが、やはりそのロケーションで

決めました。泊まったのはスタンダードツインタイプのお部屋です。
    

R0023715

R0023712

R0023530

2009052223r0023442

2009052223r0023448

 

*おすすめポイント:

 

・支笏湖温泉ではナンバーワンのロケーション。

 人工物に遮られない、支笏湖の雄大な景観が

 レストラン、お部屋、貸切風呂から眺められる。

 

・部屋数、レストラン、パブリックスペースが、

 部屋数に見合った丁度良い広さとレイアウト。満室でも窮屈感はない。

 

・循環ではありますが、お湯が素晴らしい。まるで美容液みたいです。

 

・北海道らしい大らかで親切な接客。

 

・お部屋のマッサージチェアも嬉しい。

 

 

*こうだったらもっと嬉しいかも・・・:

 

・お料理が・・・、

 季節感や地元食材をもっと使って頂けると嬉しいのですが・・・。

 正統派フレンチと北海道食材中心のフレンチなど、

 選択肢があるともっと人気の宿になると思うのですが。

 施設やローケーションがとても良いだけに

 ちょっと欲張りになってしまいました;;;

*2010年7月、新しいシェフの方が来られたようです。

2009年5月 3日 (日)

蓼科 オーベルジュ つつじとかえで (自転車旅)

danger過去に宿泊したホテルや旅館の記録として2010年に

記したため、現在の状況とは異なる場合があります。

詳しくは宿の公式サイトをご確認下さい。

              spa

ここを訪れる約半年ほど前にロードバイクを購入したため、

GWのお休みは自転車で走れるところに行こうと決めていました。

でもやっぱり自転車が最優先というわけではなく、

”美味しいご飯が食べられる宿”という条件は譲れません。

そこで以前から気になっていたこちらの宿ならば、ご飯も蓼科ライドも

満喫できると思い予約しました。宿泊したのは本館のテラス付きツイン。

写真がないのですが、お部屋は6~7畳位でこじんまりとしています。

ホテルというよりはペンションに近い印象でしたが、

素朴な塗り壁が山のロッジという風情でとてもcozy。

決して子供っぽい雰囲気ではありません。

自転車で峠を走った後に、雰囲気のあるレストランで

美味しいフレンチとワインをいただいていると、

なんだかフランスの山岳地方の小さな旅籠で

寛いでいるような気分になりました。

(行ったこともないですし、あくまでも勝手な思い込みですが;;;)

R0022768

R0022765

 

*おすすめポイント:

 

・美味しいフレンチと温泉がとってもリーズナブルに楽しめる

 

・もう少しプライベート感を求めるなら、別館のお風呂付の

 お部屋もあります。

 

 

*こうだったらもっと嬉しいかも・・・:

 

・この料金ですからこれで十分なのですが、あるとすれば

 お風呂の洗い場がとても小さいので、入るタイミングに少し

 気を使ったことぐらいでしょうか。

              spa

 

こちらの宿のマダムにはとても細やにもてなして頂きました。

私達が宿泊したのは満室の日。夕食が遅くなってしまったために、

私達の席は壁側の小さな席だったのですが、

朝食の際もどうやらタイミング的に同じ席に・・・。

別に気にしていなかったのですが、マダムの方から

「窓側の席が空き次第お部屋に連絡します」と、

取り計らって下さいました。さらに、食後に飲もうと思い

サプリメントを持っていたのですが、何も言わずとも「お薬用にどうぞ」と、

ぬるま湯が入ったグラスを素早く出して下さって・・・。

「うーん、このマダムちょっとすごい人かも」と、

驚いたこともこの蓼科自転車旅の思い出です。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年8月 »