« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

いつものコースで自転車散歩

昨日は距離は短くても小さな峠をいくつも超えて走ったために、

今朝は少し疲れ気味。

でもせっかく南房総に来たのですから今日も走ります。

お天気はやっぱり晴れ。ものすご~く暑い。

今日もファンデーションを1時間置きに塗り重ねなければ・・・。

でも空は、昨日とはうって変わって薄いすじ状の雲が広がっています。

気温は高くても空は秋に変わっていました。

               bicycle

コースはまたまたいつもと同じで、県道88→258→296経由で和田へ。

8月に入ってから南房総の各所でこのような看板をみかけます。

Pa0_0019

そう、もうすぐ国体のロードレースが開催されるのです。

いつも自分達がのんびり走っている場所ですが、

この日は交通も規制されて、選手の皆さんが駆け抜ける・・・。

日常が非日常になるのです!

南房総の友人Yさんと観戦しに行く約束をしていますが、

今からワクワクhappy01本当に楽しみにしています。

その国体コース付近を走っていると、

小学生の女の子達から「頑張って下さい!」と声をかけられました(*^-^)

ぜんぜん違うのに・・・、

でも調子に乗って「ありがとう!」と元気に返事をしていまいました(^-^;

地元の子供達の間でも国体ムードが高まっているのでしょうか。

ちょっとでも自転車に関心を持ってくれるなんて嬉しいですね。

Pa0_0025                

それにしても今日は本当に暑い!

この夏で一番暑くて辛い。時々頭が少し痛くなります。

こまめに水分補給をして、

ローズマリー公園の道の駅で

またまた佐野ファームの夏みかんアイスを食べて元気復活。

なんとか熱中症にならずに走ることができました。

Pa0_0021

2010年8月28日 (土)

南房総は黄金色でした

3週間ぶりに南房総へ行きました。

夏休み最後の週末なので混雑を心配しましたが、

アクアラインは全く渋滞なし、館山道もクルマも少なめ。

いつもの週末に戻ったようです。

               sun

お天気は今日も快晴。

見上げると白い積乱雲と青空のコントラストが眩しくて、

まだまだ夏の空です。

8月も終わりなのにどうなっているのでしょう?

でも、インターを降りて少し走り出すと、

そこには秋の気配が・・・。

あたり一面、頭を垂れた稲穂が黄金色に輝いていました。

あまりの美しさに思わず歓声をあげたほど。

               bicycle

大山千枚田まで自転車で行ってみました。

Pa0_0009

千枚田へ上る坂道途中にはやしの木&棚田!

ちょっとAsianな風景です。

Pa0_0015

Pa0_0007

やっぱりアイスを食べてしまいました。

頂上にある棚田倶楽部で

(基本的には棚田のオーナーさん達のための施設です)

「鴨川モーモージェラート」の夏みかんアイスを発見!

暑かったのでこの酸味が本当に美味しくて、

おかげで帰りも元気に走ることができました(^-^)

               bicycle

一部ではもうすでに稲刈りが始まっていました。

こんなにお米が実っているのは農家の皆さんのおかげです。

のん気に喜んでいるだけなんて

作業されてきた方々に申し訳ないと思いつつ、

黄金色の風景に見とれながらのライドを楽しませて頂きました。

2010年8月25日 (水)

旅と美術館

自転車旅が多くなってから、旅先で美術館などへ行く機会が減ってしまったのですが

今回は久しぶりにクルマ旅だったので、

ゆっくり美術館で過ごすことができました。

                    clover

青森県立美術館。

想像していたよりも大きな美術館で驚きました。

私達は開館と同時に入って午前を過ごしたのですが、

それでも全てを観ることはできませんでした。

建物そのものも作品なので、その空間を味わうだけでも

あっという間に時間が過ぎてしまいます。

Pa0_0014

Pa0_0013

Pa0_0011

中はもちろん撮影禁止ですが、

あおもり犬だけは撮影OKでした。

  

               

2010年8月22日 (日)

宮城 鎌先温泉 湯主一條

青森へのドライブ旅行からの帰りに

中間地点付近で一泊することにしました。

今回の旅行は急な日程変更があったため予約は直前、

平日とはいえ夏休み、希望していた宿はどこも満室。

まあ、宿が目的ではなく旅の途中の通過点ですから

とりあえず快適なベッドと温泉があれば良いということで

特に期待もせずにこちらを予約しました。

料金も本当にこの値段で大丈夫なのかしら?という位お得なプランです。

ところが・・・、

これがとっても良くてびっくり!

ロケーション、宿の雰囲気、サービス、料理、お部屋、温泉・・・、

かなり好みに近い。

寛いだ時間を過ごすことができました。

宿泊したのは2階のモダン和洋室です。

     
               spa

Pa0_0005_2

    
鎌先温泉は5軒の宿があるだけの小さな山奥の温泉、

一條はその一番奥、急な坂道を登ったところにあります。

左手が食事処として使っている木造の旧館、

右手がレセプションやお風呂、宿泊棟です。
     

Pa0_0038 

Pa0_0037

Pa0_0034

 

椅子ではなく掘りごたつなので残念に思っていたのですが、

予想よりもずっと座り心地が良く快適に過ごせました。

 

Pa0_0028

Pa0_0009_2

Pa0_0011

食事は朝・夕ともに旧館のお部屋でいただきました。

8年前まで(そんな最近まで!)湯治のお客さん用の宿泊棟だったそうです。

               spa

 

*おすすめポイント:
   

・白石インターからすぐ近くなのに、山奥の湯治場の雰囲気が残る風情ある立地
    

・建物は古いけれどきれいに改装済み
     

・モダン和洋室は広さも十分、フローリングの床が快適
        

・伝統ある古い旅館ですがサービスはとても洗練されています。

 従業員の皆さん全員が自然な笑顔で温かくもてなしてくれました。

 全員とりあえず何気ない世間話ができるのは素晴らしい。

 こちらが気を使って会話を始める必要はありません。

 ちょっと明神館のサービスを思い出しましたがそれよりも良い意味で

 素朴な印象です。

 

・地元の野菜を使ったお料理が美味しい。

 頑張り過ぎた創作料理でもなく、いわゆる旅館料理でもありません。

 素材の味を生かしたお料理なので飽きずに最後までいただけます。

 

・残念ながら大浴場の作りに風情はありませんがお湯も良く、

 宿のHPで見るよりも露天風呂は雰囲気があります。

 

 

*こうだったらもっと嬉しいかも・・・:

 

・改装されているとはいえやはりところどころ古さは感じられます。

 ピカピカに新しくないとダメという方にはおすすめできません。

 

・エレベーターはありません。

 

・スペース的に難しいかもしれませんが、

 快適な椅子があるいつでも気軽に過ごせるサロンか、

 ライブラリー的なスペースがあると連泊時には嬉しいかも・・・。

               spa

 

一條に泊まって、やはりテーマパーク的なデザイナーズ旅館よりも、

家族経営で創意工夫がある宿の方が好きだと再認識しました。

もちろん居心地やデザイン、食事の美味しさは絶対条件ですが、

それと同時に「物語がある」といえばいいのでしょうか、

歴史だったり、宿への愛情や情熱だったり、その土地の魅力だったり

何かしらの「物語」がある宿に泊まる方が

思い出もより深いものになるような気がします。

一條は歴史だけではなく愛情という「物語がある宿」でした。

 

 

 

 

2010年8月21日 (土)

黒石&弘前ポタ

今回の東北旅はクルマにブロンプトンを積んで行ってきました。

黒石のこみせ通りや、弘前の建築・歴史的建物探訪が目的だったのですが、

期待通り、一日ではとても廻りきれないほど見所がたくさん!

急ぎ足での散策となりましたが、充実した一日となりました。

               bicycle

Pa0_0000

時間とエネルギー節約のため、

弘前から黒石へは弘南鉄道で30分の輪行です。

2両編成の小さなローカル線ですが、

ほぼ一時間に2本あるのでとても便利でした。

Pa0_0053

Pa0_0057

黒石では「すずのや」さんで焼きそばもいただきました。

最初からつゆ焼きそばではなく、普通の焼きそばにつゆが

セットされた「化け」と呼ばれるメニューがあるので

両方楽しめます。

Pa0_0047

再び弘南鉄道で弘前に戻って今度は弘前ポタ。

弘前は江戸時代の雰囲気が感じられる寺町や武家屋敷、

明治時代の教会や洋館、大正時代の教会と、

3つの時代が同時に楽しめます。

さらに昭和の時代になると前川國男建築がいたるところに!

これだけのものが大切に保存され、使われているのが素晴らしいですね。

Pa0_0043

↓地元の皆さんから愛されている「小山内冷菓店」、

Pa0_0046

暑かったのでフルーツとソーダの2本も食べてしまいました;;;

              bicycle

徒歩では遠すぎて行けないところも自転車なら行ける、

クルマでは通り過ぎてしまって気が付かないものも見ることができる、

街を身近に感じられる自転車散歩はやっぱり楽しいですね。

2010年8月20日 (金)

津軽の宿 弘前屋

今年の夏休みは東北へのドライブ旅行となりました。

久しぶりにロングドライブをしたいという夫と、

それならば弘前に行ってみたいイタリアンレストランがある私。

ということで、行き先は青森&弘前です。
    

旅の主な目的は、

①美味しいお魚を食す♪

②県立青森美術館の「あおもり犬」に会いに行く

③弘前のイタリア料理店「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」を満喫する

④ブロンプトンで黒石つゆ焼きそば&こみせ通りポタをする

⑤ブロンプトンで弘前の前川國男建築や歴史的建物を巡る

などなど・・・。

               clover

 

宿をどうしようかと悩んだのですが、残念ながら青森には

どうしても泊まりたいというところがありません。

十和田ホテルや八甲田ホテルも考慮したのですが、

自転車に乗るためには悪天候リスクも考えねばならず、

天気に応じて気軽にプランを変更できるようにするためには、

やはり街中に宿泊する方が便利です。

となると、ビジネスホテルしかないのですがそれではつまらない・・・。

どこか良いところはないかと探したところ、

こちらの弘前屋さんが目にとまりました(宿の公式HPはまだありません)。

以前はビジネス旅館のようでしたが、

センス良く改装されたばかりでとてもきれい。

駐車場も宿に併設され平置きなので自転車の出し入れが便利。

加えて、ブログを拝見するとご主人がピナレロ乗りのサイクリスト!

ここに泊まる方がきっと旅もより楽しくなると思い予約しました。

結果はもちろん期待通り、宿泊して大正解でした。

 

宿泊したのは和室タイプ。

和室は苦手なのですが、

ツインはシングルのお部屋にベッドをもう一台入れたタイプしかないようなので、

こちらにしました。

 

Pa0_0003

 

お布団は最初から置かれていました。

トイレとお風呂が別々になっていて使い勝手も良かったです。

ただし、スペースの都合上お風呂はシャワールーム位の大きさ、

バスタブも小さいので貸切風呂を利用する方が快適です。

眺望はありません。

 

Pa0_0001

 

ロビーもとても落ち着きます。

フロント、ロビー、朝食スペースをはじめ、

階段や廊下を広く作ってあるため

格安宿とは思えないほどゆったりとした印象でした。

               clover

 

*おすすめポイント:

 

・お値段がとてもリーズナブル

 

・まだ新しくてとてもきれい。

 

・センス良くまとめられた落ち着くインテリア

 

・JR弘前駅近くで便利な立地

 

・和室は洗面、バス、トイレが別々なので使い勝手が良い

 

・とてもきさくで親切、ホスピタリティー溢れるご主人と奥様

 

 

*こうだったらもっと嬉しいかも・・・:

 

・この料金ですからこれ以上は何もありません。

               clover 

 

今回の青森旅行では、実はあまり親切な方とは出会えなかったのですが、

こちらのご主人は本当にとても良い方でした。

青森の、特に男性の方は笑顔を見せることが少なく、

「不機嫌?もしかして私怒られてる?」と思うような言動の方が多かったのですが、

これはそうではなく、たぶんとてもシャイだからなのでしょう。

弘前屋さんのご主人と出会っていなければ、

今回の旅の印象もずいぶん違ったものになっていたと思います。

やはり旅は人との出会いが大切ですね。

               wine

 

「エノテカ ダ・サスィーノ」、とても美味しかったです。

手作りのハム類、地元産の鴨、りんごの枝でスモークしたサーモン・・・、

全て満喫しました。

サービスの方がちょっとシャイだったのが残念でしたが

(とても丁寧に接客して頂きましたが挨拶や料理の説明以外の

会話がなかったという意味です)、

たぶん雰囲気やお値段から察すると、

あまり接客に個性を出しすぎるのはいけないと思われたのかもしれません。

でも美味しかったから満足です。

2010年8月17日 (火)

サングラス

今日も暑かったですね。東京でも37℃を越えたとか。

最近すっかり感覚がおかしくなって、

30℃と聞くと「今日は少し涼しい!」と思ってしまいます(゚ー゚;

               sun

こんな日差しが強い時の必需品、サングラス。

私は目がものすごく悪いので、アディダスの度付きタイプを使っています。

コンタクトをすればもっとサングラスの選択肢が広がるのですが、

杉&檜の花粉症持ちなので、一年のうち最低でも4ヶ月はコンタクトができない・・・。

となるとやはり度付きタイプの方が便利というわけです。

最初はレンズの歪みに違和感を覚えましたが慣れてしまえば大丈夫。

これで調光レンズなら完璧だったのですが、残念ながらそうではないので

暗くなった時には少々不便です。

でも軽量で比較的小さめサイズ、色も選ぶことができたので気に入っています。

Pa0_0028

最近、レンズ拭きに東レのトレシーを使い始めたのですが、

油膜まで落とせてあっという間にピカピカになるのでびっくりしました。

小さな布ですがすごい技術ですね。

2010年8月15日 (日)

多摩サイポタ

週末は久しぶりに自宅でゆっくり過ごしました。

旅行の下調べなどをしていたのですが、

やっぱり少しは走りたくなって多摩サイへ。

自転車はブロンプトンです。

お盆休みのためか、それとも暑すぎるためか、

いつもよりは人が少ない・・・。

でも草がぐんぐん伸びていて、ところどころ道幅が狭く

ちょっと危険です。

最近多摩サイにはロードで行かないようにしていますが、

小径車で正解でした。

Pa0_0000_2 

それにしても暑かった(゚ー゚;

2010年8月13日 (金)

あったら便利は・・・

自転車でキャンプしながら旅をされる方が、ある雑誌で書いておられました。

”あったら便利はなくてもよい!”

そう、これは自転車旅だけではなく、家具や雑貨、家電などでも同じこと。

以来、何か新しいキッチン雑貨を買いたくなる度に、

「あったら便利はなくてもよい、あったら便利はなくてもよい・・・」と

自らに言い聞かせて買わないようにしていました。

でも、

どうしても欲しくて買ってしまいました。

Pa0_0010

↑シトラスカッターです。

猛暑のこの夏、いつにも増してフルーツを食べる機会が多いのですが、

オレンジやグレープフルーツがたっぷり食べたくなって・・・。

スプーンを使えばよいのはわかっていますが、

それでは物足りない・・・ような気がするのです。

使い難いのではと心配でしたが、とても簡単でした。

もっと早く買えば良かった(^-^;

2010年8月11日 (水)

諦めきれない人の輪行準備

今年の夏旅行はクルマにブロンプトンを積んで行く計画なので、

特に何も用意はしていないのですが、昨年の今ごろは

鶴岡への初飛行機輪行に備えていろいろ準備をしている最中でした。

といってもブロンプトンなのでロードと比べるといたって簡単だったのですが・・・。

新たに購入したものはオーストリッチのちび輪バッグドイターのリュック(クロスバイク)

あとドリンク用にモンベルのペットボトルホルダーも買いました。

モンベルのホルダーはベルクロ留めができるのでハンドルにかけることができます。

ペットボトル用のサイズしかないのが難点ですが、

ちび輪をリュックに入れたくなかったので(重すぎる!)これは必需品です。

20090829r0025225

ちび輪バッグは折りたたみ自転車用輪行バッグの定番。

ブロンプトンの場合、空港で荷物を預ける際は、

折りたたんだ方のペダルにのみフレームの傷予防用に軍手を被せ、

その上からちび輪バッグの外袋も被せて、あとは畳んだ自転車を入れるだけ。

フレームを緩衝材などで保護しなければならないロードと比べると本当に簡単!

これまでこの方法で2回飛行機に乗せましたが、今のところ問題はありません。

ただし年末年始に伊丹空港を往復した際、

自転車は無事でしたがちび輪バッグが傷だらけになってしまいました(;д;)。

タイヤの空気はいつも抜きません←特に航空会社からは何も言われませんでした。

ちなみに到着地での荷物の手渡しサービスは

ANAでもJALでも行わないと言われましたが、庄内空港ではターンテーブルではなく

係員の方から受け取りました(ロードは大きいのでどの空港でも手渡しでした)。

大きい空港と小さい空港では対応が異なる場合があるようです。

               bicycle

リュックはいろいろ検討した結果ドイターのクロスバイクを選択しました。

重量が600g程度で、荷物を入れて背負える限界の重さだったことと、

ヘルメットホルダーがあることが決め手でした。

ヘルメットホルダーはやはりある方が便利。

少々お値段が高くてもこれを選んで良かったと思います。

背負い易さは他のものを使用したことがないので比較できないのですが、

ベルトの肩へのフィット感もなかなか良く、特に不満はありません。

               bicycle

さて、タイトルの諦めきれない人の輪行準備です。

自転車に乗り始める前の趣味は旅行。

ほとんど一泊ですが、飛行機やクルマで

各地のホテルや温泉旅館を訪れるのが定番スタイルでした。

それに自転車が加わったわけなのですが、

自転車旅になったからといって宿やレストランを諦めることができなくて・・・。

昨年の鶴岡旅行では、旅館に泊まって夕食は外のレストランを利用するという、

自転車には全くもって不向きの計画をたててしまったのです。

旅館内だけで過ごすのなら荷物は少なくて済むはずが、

着替えて外出するための用意はそれだけでかなりの重量になってしまいました;;;

               bicycle

↓旅館内だけで過ごす場合にリュックに入れる荷物

Pa0_0005

最低限の着替え、化粧品類、薬類、飛行機の中が寒いのでウィンドブレーカー、眼鏡。

小分けにした化粧品類は保存用のジップバッグに入れて軽量化、

シャドウやチークなどは普段使用しているものではなく、

無印などで売っているプラスチックケースに入った小さいものを揃えました。

女性の場合はこのようなコスメ類などが結構な重量になるのですが、

男性の場合はカメラや充電器などがそれにあたるのでしょうか。

そして、

↓諦めきれない人がリュックに入れる荷物

Pa0_0001

先ほどに加えて、外出用のワンピース、靴、バッグ、ストール、

アクセサリーはピアスだけにしましたが、それでもぐんと荷物が増えてしまいます。

あとこれだけは譲れないマイスリッパ(゚▽゚*)

これまでは必ず持参していたスパ用のリラックスウエアやパジャマは諦めました。

サブバッグは、これまでの旅行では、型崩れを気にしなくても良い

アンテプリマのワイヤーバッグを使っていたのですがさすがに重過ぎて・・・、

これは諦めて軽量のレスポートに変えました。

本当はもう少しなんとかしたいのですがこれ以上軽量なものが見つからなくて・・・。

問題は靴です。サンダルでもやはり重たかったので

今後はおしゃれで軽量なものを探そうと思っています。

というか、外出しなければ良いだけのことなのですが(^-^;

いずれにしてもこの量までならドイターのクロスバイクに収納できて、

なんとか背負って走ることができました。

荷物がこれ以上になる時は事前に宿に送るようにしています。

               bicycle

そういえば、ツールド宮古島(サイクリング)のために泊まったホテルでは、

全て自走&荷物も持参というご夫婦に出会いました!

最低でも2泊で、しかも備え付けの部屋着では食事に行けないホテルです。

自転車はもちろんロード。

やはり少し大きめのリュックを背負われていましたが、

どの様に荷物や輪行の準備をされたのかお話を聞けば良かった・・・。

              

2010年8月 8日 (日)

千倉 SHELLS Cafe

今日は南房総で知り合った友人のYさんと一緒にサイクリング。

Yさんも最近ロードに乗り始めたサイクリストです。

南房総を走るのは本当に楽しいのですが、

一緒に走る仲間が増えるとさらに楽しいですね。

Yさんありがとうございましたm(_ _)m

コースはいつものように内房側から和田へ抜ける道です。

暑くなってからこの道ばかりですが、一番走りやすいので;;;

Pa0_0004_2

ランチは昨日に続いてまたまた千倉のカフェへ。

SHELLSも本当に久しぶりです。

Pa0_0001

私はシンプルなフレッシュトマトのパスタをいただきましたが、

これがもう本当に美味しい!

基本的にはトマトだけのソースなのに

コクがあって酸味も程よくて・・・、トマトの美味しさを堪能しました。

Pa0_0003

どのカフェも、他にも美味しいメニューがいっぱいですし

(本当に他のものも美味しいですよ)、

まだまだ素敵なカフェはたくさんありますが、

とりあえず、

カレーはSandCafe、パスタはSHELLS、ピザはIndy's

私の「千倉ゴールデントライアングル」ですhappy01

2010年8月 7日 (土)

千倉 Sand Cafe

今週末も南房総へ。

今日は自転車には乗らずに、車で千倉に行きました。

Sand Cafeは久しぶりです。

以前はよくドライブがてらカレーを食べに来たりしていたのですが、

ロードに乗るようになってからはおじゃまする機会が減ってしまって・・・。

でもご主人はちゃんと覚えていて下さいました(*^-^)

それにしても、千倉は本当に素敵なカフェがいっぱいですね。

中でもこちらはその代表的な存在。

国道沿いで眺望があるわけではありませんが、

なぜかとてもCOZYで落ち着くのです。

Pa0_0006

食べ物・飲み物、どれも美味しいのですが、

それだけではなく、選曲も好きです。

2010年8月 5日 (木)

チネリ ダイナモ Cinelli Dinamo 2010

ブログを始めてまだ間もないのでアクセス数も少ないのですが、

そんな中でも来てくださる方の関心は、

やはりチネリ・ダイナモ cinelli dinamoが圧倒的。

私も購入前は情報が少なくて不便に感じていたことを思い出し、

少しでも何かのお役に立てればと、今日は愛車の紹介をしたいと思います。

初心者による紹介ですのでその点ご了承ください。

              bicycle

2台目のロードということで、それなりに付けたいパーツもあって

今回は完成車ではなくフレームから組んで頂きました。

ちなみに、予約をしたのが2009年の9月末、納車は2010年の6月初旬でした。

チネリの納期はショップでも把握が難しいそうですが、

購入に必要なものは、とりあえず「待つ」ことでしょうか。

Pa0_0015

正直言ってフレーム自体の良し悪しは良くわかりません。

一台目のロードもアルミだったので、こういうものだと納得している面もありますが・・・。

結局、乗り心地はフレームよりも、タイヤの空気圧の方が影響するように思います。

あと、生産国がどこにも記されていないので、どこで作っているかもわかりませんでした。

書いていないということは、イタリア国外なのでしょうかね。

              bicycle

以下、パーツです。

フレーム: Cinelli Dinamo bianca gold (xs)

コンポーネント: Campagnolo Veloce

ホイール: Campagnolo Scirocco

ハンドル: Dixna J-fit (380mm)

ステム: Modolo MO-18 (80mm)

サドル: Sella Italia Lady Gel Flow White

ペダル: BBB Dual Choice 2 

Pa0_0012         

完成車とあまり変わらないといえばそうですが、

一番つけたかったパーツが、

13-29Tのスプロケットです(^-^;

はい、峠や坂道・・・、ツールド千葉やツールド宮古島で

マウンテンバイクの方や小学生、果てはミニベロさんにまで

抜かれた屈辱は二度と味わいたくないと・・・。

このスプロケットのためにリアディレーラーはミドルケージになりました。

Pa0_0011

ショートケージと比べるとたしかに大きいのですが、

付けてしまえばあまり大きさは気になりません。

              bicycle              

ペダルはBBBのDual Choice2、SPD用と普通の靴用の両面タイプです。

ビンディングは今回が初なので比較はできないのですが、

このペダルは私にはとても扱いやすく大正解でした。

突然外れない程度に緩めにセッティングしてありますが、

はめる時は何の力も必要なく、ペダルを見ずに足先だけで探りながら

クリートを正しい位置に置くだけで、

まるでマグネットのようにピタっとくっつく感じにはまります。

逆にビンディング面ではない方を使用する時に

目での確認が必要なくらい、本当にあっけなく。

外すのも1~3回ほど左右にひねれば簡単に外れます。

何よりも、最初の頃は右だけビンディング面、

左は普通面でも問題なくペダルを回せるので

初心者にはとても便利だと思いました。

ただし、ビンディングではない面でクリートのある靴を使用するのはやはり危険、

最低でも右だけはセットする必要があります。

もちろん普通のスニーカーであれば何の問題もありません。

Pa0_0007

ハンドルはモドロのヴィーナスを付けたかったのですが、

残念ながら在庫切れ&納期未定ということで、

前の自転車でも使っていたディズナのJ-Fitになりました。

カンパとの相性ですが、まあまあといったところでしょうか。

細かい調整が必要だったようです。

バーテープはそのまま付属のものを使用しています。

ちょっと派手なキラキラで、巻いてもらっている時に、

「おばさんは光モノが好きだから・・・」と自虐的につぶやいたら、

「僕も光モノつけてますよ!派手でいいですよ」と

ショップの方がフォローしてくださって・・・。

PositivoのNさんに気を遣わせてしまいました(゚ー゚;

Pa0_0020

サドルは以前はボントレガーの女性用を使っていましたが、

このセライタリアのLady Gel Flowの方が私には合っていたようで、

痛みがかなり軽減されました。

比べると、ボントレガーの方が柔らかく、50キロ位までなら大丈夫なのですが、

それ以上になると痛みが出てしまったのです。

今度のサドルは最初は硬い印象だったのですが、

結果的にはそれが良いようで、長く乗っても痛みが少ないと感じました。

Pa0_0006

あと、カンパは噂通りとてもデリケートで、

インナーに入れる際に何度もチェーンを外してしまいました。

”ここで操作すればチェーンは真っ直ぐだから外れない”、

というポイントがわかるようになれば解消される問題ですが・・・。

それでも、シマノが勇敢な王子ならばカンパはやはり姫、

インナーに入れる際は、

「あのう姫さま、今からインナーに入れますがよろしいですね」と

優しく語りかけるように操作しないと、

時々チェーンがかんでクランクが回らなくなります。

ビンディングデビューとカンパデビューを同時に行うのは

避けた方がよいかもしれません。

              bicycle

なんだかあまり役に立つ情報がなかったように思いますが、

また何か気付いたことがあればアップしていきたいと思いますclover

             

2010年8月 2日 (月)

自由が丘 香辛堂

大学時代のお友達が遊びにきたので、自由が丘でランチ。

その帰りにスパイス専門店の香辛堂でお買い物してきました。

小さなお店の中はガラスの器に入った様々なスパイスでいっぱいです。

どことなく薬屋さんのような雰囲気もあって、

店主の方に質問しながら

あれこれ香りや味を確かめるのも楽しい!

いきなりテンションが上がってしまいます(*゚▽゚)ノ

今日は、お魚用に山椒を使った「オリジナルフィッシュ」、

お肉でもサラダでも使えそうな「イタリアンソルト」、

そしてこの時期大活躍の「ピクルススパイス」を購入してみました。

Pa0_0004

お店に並んでいるスパイスはサンプル用で、

注文毎にブレンドしてくれます。

できれば全部欲しい!と思うほど

美味しそうなスパイスがいっぱいのお店でした。

2010年8月 1日 (日)

いつもの南房総自転車散歩

昨日は風があって涼しかったのに、今日の南房総はちょっと蒸し暑い感じです。

こう暑いとあまり長くは走れません←いつもそんなに走っていませんが;;;

結局いつもの散歩コースとなりました。

88→258→296号で和田へ。

Pa0_0022

↑ここは遊歩道を利用する人のための駐車場ですが、

比較的きれいなトイレと自動販売機があるのでとても助かります。

Pa0_0017_2

やっぱり暑い・・・、小さな峠を2つ超えたとはいえ

まだ25km位しか走っていないのに早くもボトルが空に・・・。

Pa0_0002

お昼はいつものローズマリー公園で簡単に。

暑くなると食欲が落ちてしまい、お店に入ってしっかり食べる機会が減りました。

今日は佐野ファームのブラッドオレンジシャーベットを。

これも美味しい!!でもやっぱり夏は「夏みかん」シャーベットかなぁ。

                   bicycle

それにしても今日はクルマが少ない・・・。

海水浴シーズンなのできっと混んでいると覚悟していたのですが、

ローズマリー公園も三芳の道の駅もガラガラです。

きっとあまりにも暑いので、海水浴目的以外で遊びに来る人が

少なかったのかもしれませんね。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »