« 輪行思案 | トップページ | 宇都宮にて »

2010年10月19日 (火)

20年ぶり

先日実家から持ってきたもの。

それは、これです。

Pa0_0002

正確には、靴はうんと安いものを見つけたので買ってきました。

スポーツ用品を扱う店であればどこでも普通に安いものが売っている町なのです。

もちろん、冬の体育の授業は強制的にスケートでした。

本当は自分が子供の頃に使っていた靴を持ってきたかったのですが、

なぜかどれも小さかったり大きかったりしてサイズが合わない・・・。

たぶん、最後に買った靴は(中学の時?)、まだこれから足が

大きくなると思ってワンサイズ上のものを買ったのでしょう。

大きいままその後もずっと使い続けていたようです。

残念ながらこれは諦めました。そのかわり、靴袋は妹が使っていたものを発見。

母が作ったのですが、なぜか救急車のワッペンが・・・hospital

きっと余っていた弟用のワッペンを付けたのではないかと思います。

                cute

ここ2~3年、電車でスケートリンクの前を通る度に

「もう一度滑りたい!」という気持ちが強くなりました。

子供の頃は寒いし辛いし嫌だったのに・・・。

年齢を重ねると、昔やっていた事をもう一度やりたくなるのかもしれません。

20年ぶり?にチャレンジしてみました。

Pa0_0008

出来るかどうか不安だったのですが、

なんとか覚えているものですね。

最初の数週は恐々滑っていたのですが、

慣れると昔の感覚が戻ってきたようです。

ただ、気がついた事が1つ。

初めてスケートをしたのが4歳位?スピードスケートでした。

両親にリンクに連れて行かれ、そのまま放っておかれて・・・。

泣きながらリンクの壁を伝って歩いているうちに、

自然に滑れるようになったことを今でも覚えています。

フィギュアスケートは中学の体育の授業で乗り始めました。

だから覚えていたのは最初に覚えたスピードスケートの滑り方!

つい前傾して手を大きく振りたくなってしまうのです(゚ー゚;

フィギュアスケート履いてそれをやったら変な人でしょうねぇ。

まあ、そのうちフィギュアの滑り方も思い出すでしょう。

また機会があれば行ってみようと思っています。

それにしても、20年やってなくてもできるものなんですね。

« 輪行思案 | トップページ | 宇都宮にて »

好きなもの」カテゴリの記事