« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

利休にたずねよ

先日南房総に行った際、

保田の「おどや」の書籍コーナーで買いました。

店頭に並んでいる小説類は少ないのですが、

限られた種類の中から選ぶと意外な発見があるのですね。

「利休にたずねよ」山本兼一著。

41rvdvbp0l__ss500_

一気に読むというよりは、少しずつ気が向いた時に読みました。

茶の湯のことも利休のことも何も知らなかったのですが、

面白く読めました。

私が藤沢周平好きから

”なんとなく歴史好き”になるきかっけとなった番組、

「戦国鍋TV」に出てくるキャラクターが何人も登場します←当たり前ですが;;;

利休七哲、兵衛’s、堺衆、天正遣欧少年使節とか・・・。

だから読みすかったのかもcoldsweats01

それはさておき、

この本を読んで「人をもてなす」という意味の基本が

なんとなくわかったというか・・・。

今度からは宿に泊まる際に、

また違った観点でその宿の「おもてなし」を感じられそうですhappy01

2011年3月28日 (月)

行きたいところ

たった一度泊まっただけなのに(宿泊時のブログ)、

なぜか事あるごとに思い出し、

「あーまた行きたいなぁ・・・」と思う宿があります。

去年夏に泊まった、宮城県は鎌先温泉の「湯主一條」。

震災後しばらくの間、女将さんのブログが更新されなかったので

とても心配していたのですが、

現在4月下旬のオープンを目指して奮闘していらっしゃいます。

宿好きなら宿好きらしく、

”こんな時だからこそ好きな宿を訪れて応援したい!”

と思うのはもちろんなのですが・・・。

それとは別に、

純粋に「今一番行きたい!」と思う宿が

どういうわけか被災地にある

この湯主一條なのです。

どうかまた以前の賑わいを取り戻して欲しい・・・、

願わずにはいられません。

今年の夏もまた東北を旅しよう、また「一條」に行こう、

そう思っています。

2011年3月27日 (日)

いつもの日曜日

近所のスーパーでは

いまだに工場生産のパンが品薄ですが、

パン屋さんはすっかり落ち着いたようですね(^-^)

久しぶりに西馬込の「Boulangerie ichi」へ。

夕食用のパンを買って外へ出ると、

ガラス窓にこんなステッカーが・・・。

Pa0_0004

「北海道の小麦100%」、

写真では見えませんが下に小さく「江別製粉」の文字が。

懐かしい・・・。

Pa0_0001

羽田の鳥居、早咲きの桜が咲いていました。

2011年3月26日 (土)

”野ばら”のように

毎月髪を切ってもらっているサロンで、

いつも担当してくれてるEさんから

「最近、皆さんあまりよく眠れなかったり、

身体がまだ揺れている感じがしたり・・・、

疲れていらっしゃるようなので、

この時期に来てくださるお客様全員に、

リンパマッサージシャンプーを

サービスさせて頂いているのですがいかがですか?」との申し出が。

・・・その言葉を聞いたとたん・・・、

「あー、そうなのだ、疲れているのだ」と、思いました。

被災された方々や救援活動をされている方々、

輪番停電に協力されている方々が大勢いる。

比べて被害もなく停電もない地域に住んでいるのに

疲れているなんて思ってもいけないし、

言葉にするなんてとんでもない。

そう思って普通に過ごすようにしていたのですが、

誰かからそんな言葉をかけられるとふうっと気が抜けてしまうのですね。

その美容室でも被災地出身のスタッフが何人もいたり、

停電の影響などでいろいろ心配なことがあるはずなのに・・・。

優しい心遣い、本当に有り難く思いました。

                  ***

髪を切りに行くのは面倒だし、

ヘアサロンも特に憩う場ではないと思っていたのですが、

この映画を思い出しました。

テーマもシチュエーションも全然違うけど、

ちょっと同じ空気を感じたというか。

51oa8mqiejl__sl500_aa300_

ロケ地は、高知県宿毛市だそうです。

いつか行ってみたい。

2011年3月23日 (水)

南房総

前回のブログを読み返して、
「これでは南房総には行けないかも」と
誤解を招いてしまうような気がして、、、。
個人のお店も道の駅もちゃんと営業しています!
”こんな時こそ知ってるお店を応援しよう”ということで、
とりあえず千倉のSand Cafe、三芳のセントシュバイン、
鋸南のCafe海遊魚へ行ってきました。
どのお店も、もちろん他のお店も、いつも通り営業しています。
落ち着いたらぜひ南房総へ行ってみてください。
菜の花は満開、木蓮や桜も開花が始まっていますcherryblossom

2011年3月22日 (火)

節電対策

計画停電が始まって1週間。
東京23区のほとんどは対象外ということもあり、
早くも節電への意識が低下しつつあるのではないか、
そんな気がしています。
もちろん過剰な反応も良くないとは思うのですが、、、。
                    ***
TVの生放送に出演している女性達(男性はスーツなのでよくわかりません)、
なぜ「薄着」の人が多い?
スタジオは照明などで暖かい?
寒くても我慢している?
よくわかりませんが、節電のため何枚も重ね着をしていると
ついついそんな細かいことが気になってしまいます。
(これも過剰な反応なのかもしれません)
                    ***
計画停電の第1グループに入っている南房総、
平日は毎日停電があります。
1日2回の時も。
南房総の友人や知人に話を聞くと、
一人暮らしのお年寄りが多い山間地域でも停電があり、
不安な日々をおくっている方も多いとか。
もちろん若い方々も不便で危険な(信号も街灯も消えてしまうのですから)
毎日が続いています。
それでも皆さん
「被災地のことを思えばこれぐらいは何でもない、もっと節電しなくては」と
話していらっしゃいました。
それを聞いて、
停電対象外の都内に住んでいる私は本当に申し訳なく、
まだまだ節電努力が足りないと反省。
今週からは、電力需要が多くなる時間帯を確認し、
その時間は「停電しているつもり」になって
極力電気を使用せずに過ごしてみようと思っています。
時間帯毎の電力需要の確認は東京電力のこのページで。
                    ***
節電防寒対策、
何枚重ね着しても寒かったのですが、
アンダーのせいだと気がつきました。
自転車用のアンダーやグッズ、こんな時は大活躍ですね。
アンダーはモンベルのジオライン、
もともとは雪山登山用なのでさすがの暖かさです。
寒い時に首周りを暖めるのは冬サイクリングの基本。
ネックウォーマーも大活躍。
足も自転車の時に使っているレッグウォーマーを着用。
これだけでずいぶん違うのだと実感しました。
たぶん全身真冬用のサイクルウェアならば完璧かもしれませんが、
家の中でそれはちょっと変な人(゚ー゚;
少しずつ取り入れるようにしています(^-^)

2011年3月17日 (木)

都市と大地震そして「買いだめ」行動に思うこと

大地震から明日で1週間。
被災地の状況を知る度に言葉を失い、
少しでも早く救援が届きますようにと祈る毎日です。

               ***
ここ東京をはじめとする首都圏は、人的、物的被害は少なかったものの、
心的な被害は計り知れないものがあったように思います。
平日の午後、皆が様々な場所で活動中に、
これまで遭った事がないとても大きくて長い地震を経験しました。
自宅や勤務先、電車や車の中、歩道橋や橋の上、駅や地下通路、
学校、病院、デパート、スーパーの中で.....。
その時、11階のオフィスで女性二人だけで仕事中だった同僚たちは、
パソコンが棚から落ちるのではなく「宙を飛び」、壁に亀裂が入る中で
必死にデスクの下に逃げ込んだそうです。
11階でもそれだけの揺れだったのですからもっと高層の建物にいた方は
どれほど恐ろしい思いをしたことでしょう。
その後も続く余震(ようやく今日は少なくなりました)、
電力不足、福島原発の事故...、不安な日々が続いています。
              ***
「実際には被害がないのだから何を言っているのだ」と、
お叱りを受けるかもしれません。
でも1都3県、4000万もの人々が暮らすこの首都圏で、
皆が同時にこれまで体験したことがない「異常な日々」を送っているのですから、
やはり心的な被害は決して小さくないように思います。
(あまり報道されていませんが、
現在も断水が続いているご家庭もたくさんあります)
このような状況の中で「買いだめ」行動が起こりました。
              ***
地震直後に買物をした私ですが、その時は普通に週末用の食材を買っただけでした。
ですから週明けの月曜日、我が家の冷蔵庫はほぼ空の状態。
お米もパスタももう残りわずか。
停電のためスーパーの営業は午前中と聞いたので行ってみると、
すでに米やパン、小麦粉、乳製品などは売り切れ、
パスタなどの乾麺も品薄状態で、店内は大勢の人、そしてレジは長蛇の列。
その様子を見た時、
やはり私も「しばらくの間買えなくなるかもしれない」と
パニックになりました。
でも、小さなお子さんを連れた若いお母さんが
パンの代わりにコーンフレークを買っている姿を見て、
「何もないわけじゃない。いつもと同じものを食べる必要はない、
うちは大人二人だけなのだからどうにでもなる」と
少し気持ちを落ち着けることができました。
ただ、お子さんやご高齢の方、ご病気の方などががいるご家庭は
この状況にどれほど不安を抱いたことでしょう。
買物をしている人のほどんとは女性、
みな自分のためではなく、大切な誰かのために買物をしているのです。
パニック買いが起きるのは仕方がないことだと思いました。
             ***
周辺の様子を見る限りですが、大きな「買いだめ行動」が起きたのは、
この月曜日の1度だけだったように思います。
突然の停電発表、午前中の大きな余震、原発の事故、
これらがタイミング悪く重なったために起きたこと。
その後は皆普通の購買行動に戻ったように見受けられます。
被災地が優先されるべきだということは承知しているはずです。
今日もお店は品薄状態が続いていますが、
品切れになっているのは買いだめ対象の商品だけではなく、
牛乳や卵など普通に毎日買っているもの。
やはりまだ物流が滞っているのでしょう。
               ***
悲しいこと、心配なこと、不安なことだらけです。
でも、今できること、すべきことは
できる限りこれまで通りの生活を取り戻すこと。
働ける人はしっかり働き、
不謹慎のように思われるかもしれませんが
楽しむことができる人は楽しむこと。
被災地の復興を支援するためにも、
経済活動を停滞させてはいけない、
”怯えずしっかり働かなくては”と
きのうの夜、人が少なくて閑散とした
物寂しい雰囲気の東京駅で思ったのでした。

2011年3月12日 (土)

東日本大震災

ニュースの映像を見るたびにあまりの被害の大きさに

涙が出てきます。被災した方々のことを思うと

灯りのついた部屋でこうしてブログを更新することもためらわれるのですが、

今回のことを忘れないために記します。

                  ***                         

最初の揺れが襲ってきた時、

近所のスーパーで買い物中でした。

「揺れてる?」と思ってしばらくじっとしていると

どんどん揺れが大きくなってきて・・・。

あたりを見回すと高い棚はないので、モノが落ちてくる心配はなさそうでしたが

建物そのものはあまり新しくない。

外に出るのも危険があるから迷ったのですが、

万が一天井などが崩れてきたら危ないと思い、

買い物途中のカゴをその場に置いて外に出ました。

その後、次々と他のお客さんや、付近のお店からも人が外に出てきて、

道路はあっという間に人でいっぱいに。

皆、なすすべもなく揺れがおさまるのを待っているような状態でした。

本当に長い地震なのでこのままどうなってしまうのだろうと怯えながらも、

揺れが収まると携帯が通じなくなると思い、

とりあえずオットに「大丈夫」メールを送信。

慌てていたのか怖かったのか、たった一言なのに何度も入力ミスをします。

その間も揺れは続き、スーパーの中からはビンなどが落ちて割れる音、

電信柱は見たこともないほどグラグラ大きく揺れて・・・。

やっとおさまってきたところで、

一軒のお店の方が機転をきかせてラジオのボリュームをあげてくださって、

揺れの大きさや震源地などの情報を得ることができました。

このような時はラジオが役に立つことを実感。

                  ***

その後(相当動揺していたのでしょう、後で考えると行動がおかしいのですが)、

とにかく食料を買っておかなくてはと

再びスーパーに戻り買い物を続行。

レジに並んでいるとまた大きな揺れが・・・。

でも最初の揺れがあまりにも大きかったので感覚がマヒしていたのか、

天井から下がっている店内看板もグラグラ揺れてるのに、

店員さんも普通に会計処理をしてくれるし、

順番待ちしている他のお客さんも整然と並んでいる。

(後で考えるとこんな時パニックにならない日本人って

なんて偉いのだと思いました)

スーパーを出た後、「パンも買わなくては」と思い次はパン屋さんへ。

お店に入るとまたまた大きな余震がありました。

今度もいったんお店の方と一緒に外へ出ます。

で、揺れが収まったところで買い物を済ませて会計へ。

お金を払っている時もまた揺れますが、

さっきの揺れよりは小さいので、店員さんは平然とレジを打ってます。

あー、こうして振り返るとすぐに家の様子を見に行かないなんて、

やっぱり相当おかしな行動をしていました。

たぶん、不安なので一人になりたくなかったのかもしれません。

ようやく買い物を終えてマンションに戻るとエレベーーターはもちろん休止中。

うちは6階ですが、少しながらも運動をしているおかげか

階段はそれほど苦になりませんでした。

幸い、部屋の中はほとんど被害もなく無事。

何度も揺れる余震に怯えながら、一人オットの帰宅を待ちました

(オットも夜遅くですが、無事に帰宅できました)。

                  ***

今回やはり一番困ったのが連絡手段。

携帯電話、携帯メールもぜんぜんダメ。

後でPCメールの方が良いと気が付いてそれでやっと連絡。

ただPCメールは外出時や停電時は使えません。

オットからはこれを機会に

ツイッターを勧められ、慌ててアカウントを持ちました。

今回一番役に立ったのはツイッターだったそうで、

オットが会社を出た後の連絡もツイッターですることができました。

連絡手段、そして停電した時に備えて小さなラジオも絶対に必要です。

災害用伝言板の使い方も二人で一緒に確認しました。

                  ***

地震から一日経った今日、同じスーパーへ行ってみると、

水、パン、カップ麺は売り切れ。

パンの代わりにお菓子類などを大量に買っている人も多く見られました。

田舎育ちなので未だに東京の人の多さにびっくりするのですが、

やっぱりこんなに大勢の人が暮らしている都会では

災害時の支援は助けが必要な人がまず優先されるべき。

自分の身は自分で守るしかないのだとあらためて思いました。

                  ***

被災地の方々のことを思うと胸が痛みます。

少しでも早く救援が届いて欲しい。

しばらく自転車や旅のブログはお休みします。

2011年3月10日 (木)

今年最初の自転車イベント

4月10日に館山で開催される

「第2回わかしおサイクルフェスティバル」にエントリーしました。

といってもレースなんてとんでもない、

30分体験走行の「館山市民チャレンジ」です。

募集要項によると、

”館山市民または館山を愛する人”なら参加OKだそう。

どちらかというと南房総市を愛しているのですが、

館山のお隣だから大丈夫でしょう←勝手に判断coldsweats01

                    bicycle

なぜわざわざ30分の体験走行にエントリーしたのかというと、

①海上自衛隊基地内を走行できる!

②先着500名は海上自衛隊カレー、デザート、ドリンク付き!

③前日の実業団レースも観られる!

エントリー料金1500円で、これはかなりお得ではないでしょうか。

カレーはもちろんですが、デザートって何?海上自衛隊オリジナル?

こちらの方がむしろ気になりますhappy01

                    bicycle

本当は長野県大町で開催される

北アルプスあぜ道ライド&ウォークとか

(このイベントをプロデュースしている

やまめ工房さんのスクールにも参加してみたい!)

エントリーしたいイベントがいろいろあるのですが、

日程や移動距離を考えると難しくて・・・。

特に最近は連休以外の遠方イベントへの参加は

体力的に躊躇してしまうのです(帰りの渋滞が辛くてsad)。

今年はこのわかしおサイクルフェスティバル以外はまだ未定、

秋に1つロングライドイベントを検討しています。

                    bicycle

一昨年のツールド・ちば2日目のお弁当。

これも”わかしお”だった!

P1010072

P1010073

2011年3月 6日 (日)

東京水辺散走

今日は「菜の花サイクリング」の日。

諸々の都合で今年はエントリーしませんでした。

南房総をロードで走る代わりに、今日はブロンプトンで東京を散走します。

コースは、

浜松町→豊洲→葛西臨海公園→若洲公園→お台場、

お台場から日の出桟橋まで水上バスに乗る計画です。

自転車よりも水上バスが目的かもcoldsweats01

船は苦手ですがちょっとの時間でも旅気分が味えるから

短い距離の渡し舟やフェリーは大好きなのです。

                 bicycle

今日は浜松町まで輪行しました。

準備不要で輪行できるブロンプトンは本当に便利ですね。

たぶんこれは辰巳あたりで撮ったもの。

写真よりもずっと近くにスカイツリーが見えてました。

Pa0_0039

日曜日なのでクルマが比較的少なく快適に走れます。

葛西まであっという間。

Pa0_0029

東京ヘリポート→若洲公園→お台場方面へ

有明埠頭公園にて。

Pa0_0019

船の科学館には懐かしいあの船がsign03

Pa0_0015

青函連絡船の「羊蹄丸」が展示されていました。

子供の頃の家族旅行と高校の修学旅行で2回乗ったことがあります。

2回ともひどく船酔いしてしまったのであまり良い思い出はないのですが、

東京のお台場という場所で突然「羊蹄」という名前を見ると

やっぱり懐かしく嬉しいものhappy01

初代南極観測船の「宗谷」もありました。

                  bicycle

最後は今日最大の目的、「水上バス」乗り場へ。

お台場から日の出桟橋まで20分程度の短い船旅です。

ブロンプトンを袋に入れて乗船を待っていると、

あの「ヒミコ」がやってきましたぁshine

Pa0_0004_2

映像で見た時は「ふーん」って感じでしたが

生でみるとやっぱりすごい、まるで宇宙船のよう。

いきなりテンションが上がりますhappy01

が、残念ながら「ヒミコ」は浅草航路用。

私達は別の船で日の出桟橋へ。

Pa0_0002

Pa0_0000

今日は都内でも日曜ならば

湾岸の水辺ルートは走りやすいことを再確認しました。

今度は花粉の季節じゃない時に走りたいです

(本当に今日も大変でした)。

                  

2011年3月 3日 (木)

南房総 近藤牧場の冷凍PIZZA

先日南房総で食べて美味しかったのでUPします。

近藤牧場は「道の駅・富楽里」の2Fにアイスクリームのショップや

富楽里からすぐ近くの県道沿いに「VENT」というイタリアンレストランを経営しています。

(サイトを見ると逗子店がある?富楽里ができた頃は

とっても家庭的なショップでしたがいつの間に大きくなっていたのですね)

以前食べたVENTのPIZZAが美味しかったので、

その冷凍PIZZAも買ってみました(*富楽里2Fのショップで購入)。

今回はシンプルなマルゲリータ。

Pa0_0000_2

1枚800円でした。

焼き上がりの写真が今ひとつですが・・・、

Pa0_0039

美味しかったですhappy01

近藤牧場のPIZZAの特徴、生地のモチモチ感が

冷凍でもちゃんと感じられました。

ちょっと薄めの生地なので食事というよりは

軽いスナック感覚でしょうか。

自転車で走った後のオールフリーやサンペレのアテにはぴったり。

リピートしそうです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »