« 東海地方の梅雨明け | トップページ | 三鞍の山荘 »

2011年7月 9日 (土)

BJC2011

Brompton Japanese Championship 2011

行ってきました!

私は応援だけですが・・・。

               bicycle

会場は静岡県小笠山運動公園エコパ。

Jリーグの試合などが開催される立派なスタジアムです。

まだ到着していない参加者が多いのか

ちょっと人が少なめな開会式。

バグパイプを演奏して下さったは去年の大会と同じ方?

Pa0_0086 

Pa0_0069

Pa0_0083

右側、背の高い方はイギリスからいらした

ブロンプトン社の

アジア地区マーケティングディレクターの方です。

               bicycle

午前中は1時間の耐久レース「サイクルマラソン」

自転車を組み立てるところからスタート。

Pa0_0077

そして13時からBJCが行われました。

一周3㌔×4周、12㌔をブロンプトンで疾走。

梅雨明けの厳しい暑さの中、

ネクタイ姿で頑張ります。

(あまりの暑さのため、ジャケット脱いでOKになりました)

レース中の写真がこれしかなかったぁcoldsweats02

Pa0_0067

ミズタニ自転車のサイトの動画をご覧下さいcoldsweats01

今年のレースは昨年を上回るハイスピード展開。

やっぱり、わざわざ遠くまで足を運ぶということは

皆さんそれなりの準備をされたということでしょうか。

コースもアップダウンが多いので相当大変だったようです。

小径車といえどもレースでは坂が速くないと勝てないのですね。

女子の皆さんも本当に速かった!

               bicycle

終了後はみんなで記念撮影。

Pa0_0051

お疲れ様でしたsign03

               bicycle

わがオットの結果は・・・。

残念ながら撃沈だったようです。

一方、昨年ブロンプトンを購入されたばかりの友人aikoさん

乗り始めたばかりとは思えない見事な走りでした。

たぶんタイムはオットとあまり変わらないのでは?

聞けば、

去年は10代男子とテニスをして勝ったとか。

・・・ナットクです。

               bicycle

そのaikoさんがいろいろお土産を持ってきて下さいましたhappy01

ありがとうございますm(_ _)m

こんな可愛い手作りの箸置きもsign01

Pa0_0090

ブロンプトンが描かれているのですshine

大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございましたsign01               

               bicycle

それにしても今回のBJC、

ちょっとお祭り色が薄くなったというか、

両競技も普段からしっかりトレーニングしている人が

上位を独占するという他の自転車レースと

同様になってしまったのはちょっぴり残念な気もしました。

「真に速い人が日本代表としてイギリスに行く」という点では

それが正しいあり方だとは思うのですが・・・。

BJCはそれで良しとして他の競技は、

普段からブロンプトン生活を楽しんでいる人が

気軽に参加できる、

例えば途中で自転車を折り畳んで運ぶ障害物レースとか、

何かブロンプトンならではの種目があると

もっと参加者が増えるのではないでしょうかね。

厳しい見方ですが

ミズタニ自転車さんが内輪で盛りがったという

印象も否めないような気がしました。

関係者が一緒に走るのは皆平等で良いことだと思います。

でしたら、その場合の賞品は抽選で参加者にプレゼントするとか、

関係者が頑張って走ることに

何か意味を持たせるともっと良いのでは・・・。

来年に期待したいと思いますsign03

« 東海地方の梅雨明け | トップページ | 三鞍の山荘 »

ブロンプトン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562421/52177288

この記事へのトラックバック一覧です: BJC2011:

« 東海地方の梅雨明け | トップページ | 三鞍の山荘 »