« 十勝・帯広へ(ロード輪行) | トップページ | ツールド北海道観戦(第2ステージ) »

2011年9月17日 (土)

北海道ホテル

今回はサイクリング、ツールド北海道観戦、そして実家訪問と、
寝るだけになることがわかっていたので、
立地&温泉重視で北海道ホテルの格安プランを利用しました。
これまで食事で何度も訪れていますが宿泊は初めて。
郷土にとっては自慢の素晴らしいホテル。
「期待しずぎてがっかりしてもらいたくない」という思いから、
ちょっと辛口に記します。
*写真はホテルの公式サイトからお借りしました。
                 spa
     
建物:さすが象設計。漆喰の壁、レンガのチャペル、オリジナルの家具等々、
   細部までこだわりが。見所がいっぱいでした。宿泊客にはあまり縁がない
   2Fの宴会場ロビー&階段もぜひ見学をおすすめします。

 

立地:市内中心部よりも少し離れた、普通の住宅地の中にあります。
   周辺に飲食店はほとんどありません。(大型商業施設あり)

 

お部屋:日高ウィングのスタンダードルーム泊でした。
    広さは十分。ビューは日高山脈&普通の市街地です。

    バスルームと寝室がドアで仕切られていたのが良かった!

    ベッドのマットレスが旧タイプのため寝心地は今ひとつ。
   

接客:帯広人として弁護させていただくと、
   「かなり頑張っている」とは思います。
   しかしながら、スタンダードルームより上のお値段で宿泊すると、
   不満が残る結果となるかもしれません。
   組織としてきっちり教育されているというよりは
   個々が自分なりに頑張っている感じでしょうか。

 

温泉:十勝が誇るモール温泉ですから泉質は素晴らしく、つるつるになります。
   大浴場の作りは利便性重視。風情は残念ながら皆無です。

 

食事:朝食だけ利用しました。洋食はごく普通。
   和食は全く帯広風の味付(甘辛いものが多い)ではないのにびっくり。

   本州からの宿泊客向けに工夫しているのでしょうね。

 

その他:週末泊はほぼ間違いなく結婚式のお客さんでかなり混雑します。
    宿泊客は必ずチャペルの前を通る構造上、混雑を避けることはできません。
    結婚式の時間帯は浴衣姿で大浴場に行けなくなるので要注意。
    

Roomi_3
↑日高ウィングスタンダードルーム

Photokyoukai
↑チャペル(お式がない時は解放されています)

 

« 十勝・帯広へ(ロード輪行) | トップページ | ツールド北海道観戦(第2ステージ) »

ホテル&旅館」カテゴリの記事