« 10日目 脳脊髄液減少症 自然治癒 | トップページ | 14日目 »

2012年4月21日 (土)

11日目  脳脊髄液減少症 症状比較

副作用に疲れたので今日は薬をお休みすることにした。
せっかく24時間以上テオロングを服用しないので、
症状を比較してみる。
(基本的に、発症当初から、
夜に作られた髄液が一定レベル保たれている朝だけは、
30分程度は起きていられた)


発症11日目の症状:

①起き上がると激しい頭痛と吐き気。
②聞こえ方がおかしい。
 ちょっとした音が何倍にも鋭く響く。
 右耳の方が聞こえにくい。
③睡眠障害
 「3時間寝て、3時間起きて、4時間寝る」という
 変なリズムになってしまった。
④寝ていても、TVや動画は観られない&本も読めない。
⑤味覚障害(羊羹食べてみたらぜんぜん甘くなかった;;;)
⑥朝は1時間程度起きていられる。

そして11日目現在で、朝以外で、
起き上がってから頭痛が始まるまでの時間を測ってみると、

7分間、、、、でした。(夕方5時頃) 

うーん、11日でたった7分。
でも発症当初は0秒だったから、、、。

それから、これは大事な変化。
最初は肩、首、頭全体が痛かったけれど、
今は右の首から後頭部が痛いということがはっきりしてきた。
頭痛の範囲が狭まってきたということなのだろうか。

とりあえず、
ささやかだけれど進歩しているということでしょう。

« 10日目 脳脊髄液減少症 自然治癒 | トップページ | 14日目 »

脳脊髄液減少症自然治癒記録(低髄液圧症候群)」カテゴリの記事