« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

花粉準備開始

去年飲んでみて特に害はなさそうだったので、
今年も飲み始めました。
本当は一年通して飲む方がいいのでしょうが、
シーズン過ぎると忘れてしまうんですcoldsweats01
多少でも効果があるといいなあ、、、。
P1030273
白樺入りも作って欲しい!

2013年1月29日 (火)

トカラから

トカラ列島の島に在住のライター
かとうあづみさんから、
先日私が送った小包のお礼にと、
嬉しい贈り物が届きましたhappy01
               clover
荷物を包んだ袋を見ただけでもうワクワク。
P1030275  
中を開けると、、、
トカラの美味しい特産品shine
長命草のドレッシング、さかな醤油、魚醤こうじ、
子宝島のお塩、島ハーブペースト、島バナナのコンフィチュール。
魚醤こうじはトビウオの魚醤なのですね。
お刺身と和えるのも良いそう。
きっと焼酎に合いますねえ。
あー、どれもすごく美味しそう。
食べるのが楽しみですheart04
               clover
トカラ列島の観光マップも!!
包装紙も地図です。
P1030283
そして、地図がもう1種類。
これが素晴らしく良く出来てるのです。
口之島、中之島、平島、諏訪之瀬島、
悪石島、子宝島、宝島。
P1030277
カードのようですが、
広げるとそれぞれの島の地図になってます。
P1030279
イラストは島の子供達が書いたもの。
名所案内だけではなく、特産品の紹介、
フェリーの時間、宿泊や買物など、
知っていると便利な情報が載ってます。
何よりもこの名刺サイズが素晴らしい!!
使う人のことをとてもよく考えて作られてます。 
地図を観るのが大好きなので
これでしばらくは楽しく妄想できそうhappy01  
               clover
あづみさん、本当にありがとうございました。
島を思いながらいただきますね。
ごちそうさまですsign03
 

2013年1月27日 (日)

黄色いブロンプトン

南房総の週末です。
ブロンプトンに乗ろうと思ったら、
またまた後輪のパンクを発見。
、、、何度目だろう。
前輪よりも後輪パンクの方が多い気がする。
とりあえず乗るつもりで準備してたので、
ロードで出かけたオットのを借りました。
Sn3v0090
今日は富士山がキレイだわ〜fuji
でも他人のブルックスサドルは痛い!
               bicycle
のんびり農道を走っていると、、、
Sn3v0094
集まってきちゃいました。
ごめんね、おばちゃん食べ物持ってないのよ。
野良猫に餌をあげないと決めてるけど
こういう状況はホントに切ない。
Sn3v0092
でも全く警戒しない様子を見ると、
ご近所の皆さんで可愛がっている地域猫?
だと良いのだけどcat
               bicycle
今回はパンク箇所がすぐに特定できたので
タイヤを外さずに修理してもらえました。
パンク修理だけがブロンプトンの難点かなあ。

2013年1月22日 (火)

六花撰

札幌へ出張したオットに買ってきてもらいました。
六花亭のお菓子詰め合わせ「六花撰」。
北海道土産はいつもこれか柳月の三方六、
けっきょく、
子供の頃に大好きだったものに落ち着いてしまうみたいです。
欲を言えば、比較的新しいお菓子「おふたりで」よりも
昔からある最中「ひとつ鍋」が入っている方が嬉しいなあ。
1月なので包装紙は「福寿草」。
P1030267
この絵は画家の坂本直行氏のもの。
私が持っている直行さんの本にも
福寿草があったことを思い出し、
久しぶりに取り出してみました。
P1030269
「わたしの草と木の絵本」、1976年の初版、
ご本人の直筆サイン入り(ちょっと自慢のお宝本ですcoldsweats01
福寿草は、
P1030270
あった!!
ついでに
直行さんの別の本もパラパラと読み返しました。
P1030271
「山、原野、牧場、ある牧場の生活」
こちらは初版ではなく1992年の再版本です。
昭和初期の十勝南部の牧場での生活が書かれているのですが、
その時代に「バター、ソーセージ、蜂蜜をつけたパン」などを
食べていたのですね。
もちろん一部の牧場の方だけだと思いますが、、、。
               clover
私の祖父がちょうどこの本と同じ時代に
直行さんとほぼ同じ場所で暮らしてました。
祖父は大正の初め、
4歳の時に両親と一緒に岐阜から船で北海道にやってきたのです。
当時の暮らしのことはほとんど聞いたことがないのですが、
この本を通じてその様子がほんの少しわかるような気がします。
などと
先日降った残雪を見ていたら久しぶりに
北海道のあれこれを思い出してしまいました。

2013年1月13日 (日)

くじらcafe @勝山(鋸南町)

今週末も南房総でブロンプトンに乗りました。
セカチュー島もブロンプトンでは初めて。
Sn3v0080
                bicycle
いつもならこのまま帰るだけですが、
今日は勝山漁港の「くじらcafe」へ。
自転車でよく走る道沿いなので、
オープンしたのは知ってたけど
なかなか訪れるチャンスがなかったのです。
外観は元スナック?のまま。
小さな黄色い看板が目印。
Sn3v0085
オーナーさんのこだわりが感じられる
懐かしいインテリア、
美味しいコーヒー&ケーキhappy01
そしてレコード。
壁には昭和30年代の勝山漁港の写真もありました。
Sn3v0083
この頃は浜だったのですね。
お店のロケーション、雰囲気、言葉だけでは
この良さが伝わりにくいのですが、
南房総の中でもちょっと珍しい港町にある
小さなカフェ。
周囲をゆっくり散策しながら訪れると
より雰囲気が楽しめると思います。
今度はモーニングを食べに行きたいな。

2013年1月10日 (木)

雑貨Love

出来るだけモノを増やさない!
と心に誓って我慢してます。
でも、久しぶりに買ってしまった、、、。
cafe海遊魚のオーナーでありガラス作家のainoさんの作品、
クリアガラスの花器。
シーグラスや貝を入れてみました。
Sn3v0075
うーん、可愛い〜happy01
でもちょっと入れ過ぎだからもう少し減らそう。

2013年1月 5日 (土)

cafe海遊魚へ

1年ぶりの海遊魚@鋸南町です。
自転車に乗れるようになったら
最初にここに来ようと決めてました。
Sn3v0062
aino さんの愛息子「海瑠」くんにもやっと会えた!
(かいるくん、風邪をひいてダウンしていたので
写真は遠慮しました。早く元気になるといいね)
看板娘の熊ちゃんからは熱烈歓迎を受け、、、
Sn3v0057
美味しいカレーと
Sn3v0060
ふわふわワッフルをいただいて←食べ過ぎ!
Sn3v0061
あー、やっと念願が叶った、、、happy01
              bicycle
Sn3v0064
しばらくはブロンプトン&cafeライドかな。

2013年1月 4日 (金)

再デビュー

昨年4月に脳脊髄液減少症を発症してから
約9ヶ月が経ちました。
漏れそのものは確実に治っているものの、
時々、髄液循環不良や製造不良があるらしく
未だに以前と同じ体調には戻っていません。
でも、
あの立つことはもちろん、
ただ座ることさえできなかった日々を思えば、
ここまで元気になれただけでも
感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、
ついに、
自転車再デビューしました。
といってもいきなりロードは無理なので
まずはミニベロから。
Sn3v0051
久しぶりのブロンプトン〜bicycle
あー、ホントに楽しい〜happy01
鋸南の水仙ロードも行きました(押したけど)
Sn3v0055
これまでリハビリのために毎日1時間は
歩くようにしてました。
階段上り運動もしてました。
多少は鍛えてたつもりだったけど、
今日は20キロでヘトヘトcoldsweats01
これじゃあとてもロードは無理だなあ。
焦らず、少しずつ乗りましょうsign03
               bicycle
この後、帰宅してお風呂に入ったら、
急にまた耳が詰まった感じになり目眩が、、、。
たぶん水分不足が原因です。
冬でも脱水は要注意ですね。

2013年1月 1日 (火)

新年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
昨年はいろいろご心配をおかけしましたが、
今年は元気に過ごしたいと思っています。
               clover
さて、
奄美大島最終日。
今回の一番の目的、田中一村記念美術館へ行ってきました。
Sn3v0048
元旦のためか、これまたとても静か。
他にお客さんもおらず、貸し切り状態で
ゆっくり観る事ができました。
Sn3v0043
庭には一村の代表作「アダンの海辺」で
おなじみのアダンの木もいっぱい。
ただ、「アダンの海辺」は個人所有のため
展示は複製のみ。
ミュージアムショップの方も
この10年で2回しか本物を観る機会がなかったと
おっしゃってました。
いつかどこかで観られるといいなあ、、、。
               clover
奄美大島、良いところでした。
特に島の皆さんのひかえめな優しさが心に残りました。
自ら積極的にアピールすることはないけど、
聞けばとてもとても親切に応えて下さいます。
Sn3v0039
この子たちだけは全力積極アピールだったけど、、、coldsweats01

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »