« 黒ソックス | トップページ | 若葉の頃に思い出すこと  »

2013年5月11日 (土)

南房総の小屋 壁&床、そして巾木問題

小屋の床、
 
予算があれば床暖房にしたかったのですが、
工務店さんからも
「週末ハウスなら床暖はもったいない、
無垢の床だけでも暖かいよ」と言われ断念。
 
いろいろ探した結果、
国産杉の間伐材を使った
無塗装の集成材フローリングにしました。
 
Wall_floor
 
その名もCANBAⅡ(カンバ・ツー)。
節も穴埋めされてるので目立たず、
色が均一でないところも小屋にはピッタリ。
厚さが27mmもあるのでとても暖かいのです。
お値段も無垢板としてはリーズナブル。
 
 
壁は工務店さんお勧め100%自然素材、
火山灰シラスの塗り壁「中霧島ライト」にしました。
 
巾木(廻り縁も)は要らなかったのですが、
これがないと
「大工さんも左官屋さんも仕事しずらい」と言われ、
つけることに。
 
おまかせにしていて
危うく太い巾木がつけられるところを、
直前で気付いてStop!
これもサンワカンパニーで探した
3cm幅のスリムなものにしてもらいました。
 
Sn3v0013_2_2
 
巾木は全体の印象を大きく左右します。
危なかったあ。
 

« 黒ソックス | トップページ | 若葉の頃に思い出すこと  »

南房総の小屋」カテゴリの記事