« 寒い日ご飯 | トップページ | 有明フェリー、波佐見焼き、原マルチノ像 »

2014年1月11日 (土)

平山温泉 一木一草

    
冬休み旅で熊本は山鹿市、平山温泉の
一木一草へ行ってきました。
 
今回の目的は「お湯」です。
それほど山深くなくても(雪が心配だったので)
里山の雰囲気があって、
お湯&お風呂が良い、
雰囲気がいかにも「九州の宿」を基準で決定。
 
お湯目的ならば大満足の宿でしたspahappy01
 

外観です。

こういう雰囲気、黒川温泉などに代表されるように
これぞ九州の宿という感じですね。
 
Photo
 
 
お部屋はスタンダードタイプの「獅子」でした。
和室と庭に面して囲炉裏の間があります。
(囲炉裏は使用するためでなく飾りです)
 
Photo_3   
 
 
この囲炉裏の間が居心地良くて、
本を読んだり、コーヒーをいただいたり、
のんびり過ごしました。
(コーヒーはbrooksのドリップパックが3つ、無料です)
椅子があればもっといいのになあ、、、。
 
Photo_4    
 
 
洗面所、ステンドグラスがレトロな雰囲気。
 
Photo_5
 
アメニティ類。
化粧水やクレンジングなど「販売してます」
という表示と共にズラリと並んでますが、
このラインナップが施設やお湯以外の
この宿の全てを物語ってるとでもいいましょうか。
(写真拡大できます)
、、、つまり、そういうお宿です。
 
Photo_7
 
 
部屋のお風呂、
この切り石の湯船に入りたくて
このお部屋を選びました。
お湯もトロトロで本当に素晴らしい。
新鮮なお湯が掛け流し、、、贅沢です。
(深夜1時〜6時はお湯が止まります)
 
Photo_8
 
Photo_9
 
 
小さなお庭&露天風呂もあります。
この瓶風呂が入ると意外に良くて、、、
やっぱり狭いと落ち着くのですね。
 
Photo_14
 
 
この宿は山鹿市内の芝居小屋「八千代座」の
修復を手がけた棟梁が建てたそうで、
建築そのものを見て回るのも楽しかったです。
夜の雰囲気も素敵でした。   
 
Photo_10
 
 
右手の建物は男湯、
九州はこういう飾り付けが上手な宿が多いですね。
 
Photo_11    
 
 
夕食は18時、朝食は8時と決められてます。
食事の時間にもう少し幅があっても、、、
という声もあるみたいですが、
こちらはあくまでも基本は1万円台の宿。
 
スタッフの人数が少ないことも
お得に泊まれる理由なのでこれは納得です。
フロント業務、夕食、朝食の配膳、同じ方がされてました。
料理のほとんどもあらかじめ食卓に並んでます。
 
Photo_13
 
 
                   spa
 
このお宿は
山鹿ニューグランドホテルが経営母体だそうです。
それを知ると、なるほどと納得。
 
サービス、寝具含めたアメニティ、お料理、、、
なんというか、、、
どれも大型旅館っぽい印象なのです。
 
サービスは飾らず皆さんとても親切、
アメニティ類もお値段以上の品揃えです。
もちろん施設も素晴らしい。
 
が、いわゆる細やかな気配りをするとか
美を追求するとか、
そのようなタイプの宿とは全く異なります。
今回はお湯目的だったので全く気になりませんでした。
 
もっと上のランクのお部屋に泊まるとか
記念日旅行などで泊まる場合は、、、どうでしょうね。
レビューを見るといろいろな意見があるようです。
 
 
全体的には東京近郊ではとてもあり得ない
お得なCP抜群の宿ですが、
気になったことが2つだけ。
 
寝具は残念ながらいわゆる煎餅布団でした。
あと、建物の構造上、隣室&外の音や声はよく響きます。
 
ただそれがあっても
あのお湯、施設ならば
またぜひ泊まりたい!!良い宿でした。
 

« 寒い日ご飯 | トップページ | 有明フェリー、波佐見焼き、原マルチノ像 »

ホテル&旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い日ご飯 | トップページ | 有明フェリー、波佐見焼き、原マルチノ像 »