« アトリエBonBonのロールケーキ | トップページ | 佐久間ダムへお花見ライド »

2014年4月 2日 (水)

アトリエキイコのPotatisスツール

 
南房総の小屋で使うために
ある方に製作をお願いしていたスツール。
 
届きました!
 
Photo_9
 
可愛い〜、素敵過ぎる〜!!
 
別の角度から。
 
Photo_8
 
このスツールを作って下さったのは
北海道帯広市の家具工房
atelje.kiiko(アトリエキイコ)の渡邊季意子さんです。
 
 
小屋用にスツールが欲しくて
ずっとあれこれ探してました。
 
条件は
木製、丸い天板、3本脚。
 
丸い3本脚にこだわったのは、
 
小屋のほとんどの家具が
四角い4本脚で(あたり前なのですが)
それらに囲まれてると
なんだかキッチリし過ぎて
息苦しい感じがしたからです。
 
週末小屋なのにユルさが足りない、、、。
 
 
はじめは
アアルトの3本脚(4本脚は20年近く愛用中)
もしくは
アルテックのロケットスツールを
買おうと思ってました。
 
でも、
 
うーん、何かちょっと違う、、、、。
 
 
そんな時に目にしたのが
上記のアトリエキイコを紹介した
帯広のローカル新聞の記事だったのです。  
 
この方だ!!
この方ならきっと私の欲しいスツールを作って下さる!!
 
と、
すぐに新聞社に問い合わせ、
ご本人に連絡したのでした。
 
 
 
製作に際しては
故郷を感じたいので十勝の木種を使って欲しい、
でも予算は〇〇で、、、
と、あれこれお願いしてしまい
相当ご苦労されたと思います。
 
でも、
そこはやっぱりプロ、
期待以上の素晴らしいスツールを
作って下さいました。
 
それが
このPotatis(スウェーデン語でじゃがいも)スツール。 
 
ちょっと不思議な形には意味があって、
(詳細はこちらで)
 
私が
「サイドテーブルとして使うことが多い」と
伝えたことから
膝下に寄せやすいように
寄り添うような形に作って下さったのです。
 
 
こんな風に。
 
Photo_3
 
横から見ると、
 
Photo_4
 
そっと寄り添ってくれてます。
 
もちろんスツールとしても優秀。
どこから座ってもしっかりした安定感があって
とても使いやすい。
 
オイル仕上の道産タモ材の
手触、質感、色合いも大満足です。
 
 
新しく来た子なのに
まるで最初から小屋にあったみたい。
 
Photo_7
 
素敵なスツールを作って下さった渡邊さん
ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。  

« アトリエBonBonのロールケーキ | トップページ | 佐久間ダムへお花見ライド »

南房総の小屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アトリエBonBonのロールケーキ | トップページ | 佐久間ダムへお花見ライド »