« タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 | トップページ | 追悼 Joe Sample »

2014年9月 7日 (日)

山形旅

     
今回の旅は宿以外にもいくつか目的がありました。
 
その①:酒田のワンタン麺を食す
 
Photo
 
花鳥風月にて。
 
酒田といえば薄皮ワンタン麺です。
ほとんど油が浮いてないクリアなスープに
とろりとした食感の薄皮ワンタン。
最近、年齢のせいかラーメンを食べると
お腹を壊すことがある私でも
美味しく完食できました。
 
 
その②:レンタサイクルで酒田歴史巡り
 
料亭、お寺、商家など
歴史的建造物が点在する酒田には
無料の観光レンタサイクルがありました。
やっぱりクルマよりも自転車の方が
街が親しく感じられます。
 
Photo_2   
 
以前から訪れてみたかった山居倉庫。
写真で見るよりも規模が大きく見応えがありました。
 
 
その③:羽黒山の参道を歩く
 
これが今回一番やりたかったこと。
2446段、上りました!
 
Photo_3
 
ここはやはりご神域、
国宝の五重塔はもちろん、
樹齢300年以上の杉並木の
荘厳かつ静謐な佇まいが本当に素晴らしかった。
クルマで行くこともできますが、
可能ならばぜひ徒歩で参拝することをお勧めします。
 
ただし、
曜日や時間帯によっては団体客の皆さんと
一緒になることも。
 
私達が上った時もちょうど観光バスが複数台到着して
とっても賑やかでした。
 
大手旅行会社の団体さんは
ごく普通のマダム達のグループ。
白装束の先達さんに導かれものすごいハイペースで
階段を上ってました。
 
後ろから聞こえてくるその足音に
思わずオットが
「プロトンに吸収される逃げの気分」と
言ってましたがまさにその通り。
 
あのマダム達、水分補給もせずに
あんなに心拍を上げて大丈夫だったのでしょうか。
 
ちなみに一緒に上っていた添乗員さんは
途中で携帯を取り出し
「えー、今、全員ニの坂を通過しました。
山伏さん、レストハウスで待ってるんですね」
と電話してました。
 
山伏さん?いらっしゃるの?
 
と、思わず気になってしまった私。
 
なるほど、
たしかに山頂では
山伏さんがホラ貝を吹きながら
団体の皆さんをガイドしておられました。
 
そのような光景も
他にはない
独特の雰囲気を醸し出していたようです。
 
足腰が丈夫なうちにまた行ってみたい!!

« タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 | トップページ | 追悼 Joe Sample »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。突然の投稿失礼します。私も先月低髄液圧症候群と診断され先日まで10日入院していました。退院後も症状が改善されず今横になって様子をみているところです。
この病気はあまり知られていないので周囲に理解されにくく経験されている方のお話を聞かせていただきたいと思い投稿しました。
現在は頭痛などの症状はおありですか?

yuka..uさん

退院後も症状が改善されないとのこと、
ご不安な毎日を過ごされてることと思います。
   
私の治癒記録にもありますように
この病気はとにかく時間がかかります。
 
「漏れはそれほど多くない」と画像診断で主治医に言われた私でも
なんとか(なんとかです)夜まで起きていられるようになるまで2ヶ月。
 
それから好調、不調を繰り返しながら
「なんか普通になったかも」と実感するのに1年半かかりました。
 
発症から2年半経過した今は低髄の症状は全くありません。
  
発症時よりほんの少しでも長く起きられたらそれは治っている証拠、
あきらめずに頑張って下さい。
どうか良くなりますように!!

お返事ありがとうございます(>____<)

長い間ご苦労されたんですね(>__<)今は症状がないそうで良かったですね!私の方は毎日症状が違って(今日は大丈夫だ!とか、今日は痛みが...みたいな感じです)完治できるのか不安です。その上、家族(義両親と義祖父母と同居)から退院したから大丈夫と思われており家事はできると思われておりプレッシャーで毎日辛いです。この病気はあまり知られていなく、この辛い症状も本人しかわからないですよね(;_;)完治するまでは上手に付き合っていかないといけないみたいですね。同じ病気を経験された方がいて心強いです。長々と失礼しました!

義両親と義祖父母の皆さんと同居とのこと、横になりたくてもなかなか
それもできずお辛いですよね。
   
もし頭痛が起立性の場合は、まだ漏れてる可能性がありますのから
どうか無理せず、お大事になさって下さい。

良くなりますように!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 | トップページ | 追悼 Joe Sample »