« 夏の琉球3点セット | トップページ | ドラマSCANDAL とフレアパンツ »

2015年6月28日 (日)

かくれ里的散走

    
たぶんこれは日本各地に同じような場所が
たくさんあると思うのですが
南房総を自転車で走っていると
 
”こんな場所に集落があった!”
 
と驚くことがあります。
 
 
いずれも
国道はもちろん県道からは全く見えない。
行き止まりじゃないかと思うような
細い道を入ると
とつぜん現れたりするのです。 
 
 
先日も
とある集落のお寺にあった石像に
「享保」と刻まれていたのを発見し、
 
享保って、300年位前、
江戸時代、
徳川吉宗の時代じゃない!
暴れん坊だよ!
(本当は15代将軍の中でも特に名君と評価されてます)
 
そんな昔からこの集落があったのかと
驚いたことがありました。
 
でもよく考えてみると
最初に集落ができて、
県道や国道はずっと後から作られたのだから
あたり前なのですけどね。 
 
 
このお寺があるのも県道からは全く見えない場所。
紫陽花がきれいだったので
写真を撮らせて頂きました。 
 
201506281   
 
世を避けて忍んでいるわけではありませんが、
このような場所に立つと
白洲正子さんの名著「かくれ里」を思い出します。
 
 
 
小屋に戻る途中に寄ったセブンで
また買ってしまった。
 
Photo
 
あんみつです。
ここ最近、突然あんみつスイッチが入ってしまい、
食べ続けてる、、、。
 
どうも一旦スイッチが入ると
飽きるまで食べ続ける習性があるみたいで
あんみつ以外にもなぜか
コーヒーゼリーも食べ続けてます。
 
あっそうか、
暑くなってきたからか、、、。

« 夏の琉球3点セット | トップページ | ドラマSCANDAL とフレアパンツ »

南房総サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の琉球3点セット | トップページ | ドラマSCANDAL とフレアパンツ »