« シンガポール旅 お土産編 なぜか森伊蔵 | トップページ | 紫陽花と猫と海遊魚のグラス »

2015年6月 2日 (火)

豚丼のぶたはげ シンガポール店

    
シンガポール旅記録、
最後はちょっぴり宣伝です。
 
 
私の故郷のソウルフード、豚丼。
(子供の頃は牛丼の存在を知りませんでした)
 
 
その豚丼のお店が先月シンガポールにオープンしたのです。
 
Photo
 
 
豚丼の「ぶたはげ」さん。
 
ちょっと不思議な名前は
帯広の本店は「はげ天」という
もともとは天ぷらがメインのお店だったから。
(今は郷土料理、天ぷら、豚丼のお店です)
 
 
今回、
母の知り合いのお嬢さんが
シンガポール出店のお手伝いをされてるご縁で
行ってきました。
 
 
場所は日系のテナントが多く入る
ショッピングセンター、Liang Courtです。
 
 
 
 
豚丼、久しぶりにいただきました。
 
Photo_2
 
 
懐かしいこの甘めのタレ、
香ばしく焼かれた豚肉、
美味しかった〜♪
 
 
規制のためまだ北海道の豚肉が使用できなかったり、
なかなか働き手が集まらなかったりと
ご苦労がたくさんあるようですが、
お昼時には行列ができる程の賑わいでした。
 
 
ご飯は美味しい北海道の「ゆめぴりか」
お手拭きや麦茶のサービス、
物価が高いシンガポールの中では
比較的リーズナブルな価格など、
出来る限りの努力を惜しまず、
美味しい豚丼を提供してらっしゃるからでしょうね。
 
 
シンガポールへ行く機会があったらぜひ!!

« シンガポール旅 お土産編 なぜか森伊蔵 | トップページ | 紫陽花と猫と海遊魚のグラス »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
シンガポールに『ぶたはげ』があるのですね~。
いつの間に海外進出していたのかしら。

帯広駅内の『ぶたはげ』さんでは何回か食べに行ったけれど、本店の豚丼はまだ食べたことないな~。
甘辛いタレが美味しいですよね。

これはぜひ、シンガポールでも北海道の豚肉が使用できるようになって欲しい♪

記事を読んだら、豚丼食べたくなってきました(笑)

黒糖かりんさん

ちょうど今年の5月にオープンしたばかりなのだそうです。

母の知り合いの娘さん、はげ天の社長の息子さんご夫婦、
私達親子と、シンガポールにいるのに帯広の人ばかりで
なんだか不思議な感じがしました(笑)
 
私も本店では食べたことがないのですが、
一緒に行った弟曰く、
「はげ天の宴会時に、コースの最後に出るミニ豚丼が一番好きだ」と
マニアックなことを言ってました(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポール旅 お土産編 なぜか森伊蔵 | トップページ | 紫陽花と猫と海遊魚のグラス »