« ドラマSCANDAL とフレアパンツ | トップページ | 宮城県 鎌先温泉 湯主一條 食事編 »

2015年7月 4日 (土)

宮城県鎌先温泉 湯主一條  お部屋編(和室)

    
私と同じ特発性脳脊髄液減少症を患った
BHUHINIAさんが以前ご自身のブログに
 
「元気になったら絶対◯◯を作りに行こう!」と
リストに入れてたことを実行された
エピソードを書いておられたのですが、
 
それを読んだ時に
「そうだ、私もそう思っていたことがあったのに
実行してない」と思い出しました。
 
 
それは「湯主一條」へ行くこと。
 
 
頭を上げた瞬間に激痛に襲われ
ほとんど寝たきり状態だったあの頃、  
 
いつかもし元気になれたらどこへ行きたい?
と考えた時に一番行きたいと思った温泉旅館です。
 
前回の訪問から4年を経て
久しぶりに行ってきました。
 
   
   
宮城県白石市にある鎌先温泉、
今もなお湯治場の雰囲気が残る小さな温泉街です。
一條があるのはその一番山側の奥。
 
 
 
下の駐車場から送迎して下さるのですが、
今回はそれを断って
あえて歩いて行ってみました(ほんの数分の距離です)
 
 
 
 
エントランスはこの細くて急な坂を登りきった先にあります。
雪国育ちはすぐに「冬はスリップしてクルマは無理でしょう」と
思ってしまうのですが、お湯を流すので大丈夫だそう。
 
 
Entrance
 
 
クルマ1台がギリギリ通れる幅。
左に見えるのが今は食事処として使われている本館です。
*黒いクルマは宿の送迎車のLexusです。
 
 
Entrance2
 
 
釘を1本も使わずに建てられたそうで、
あの大震災にも耐えました。    
 
 
 
 
 
ウェルカムドリンクとお菓子は宿の定番
手作りのずんだ餅(美味しい!)
”ずんだ”や”だだ茶”好きにはたまりません。
 
 
Okashi1_2
 
 
 
 
 
お部屋は前回と同じ212にして頂きました。
一番リーズナブルな和室です(バスなし、トイレのみ)。
 
 
 
年々、布団も畳も苦手になり、
他の宿なら絶対に洋室かベッドがある部屋を予約しますが、
ここだけは特別。
 
 
 
なぜなら和室は本館viewだからなのです。
椅子の座り心地も好き。
 
 
 
お風呂に入ってこの椅子に座り、
ルームサービスで好きな飲物を持ってきてもらい、
(ルームサービスが23時まである!)
夕食の準備をしてる本館を眺めながら
ゆっくりするのが至福のひとときなのです。
 
 
Room1
 
Room3_3  
 
 
(和室には窓側にトイレがある部屋があったようなので、
気になる方は予約の際に確認を) 
 
 
 
 
 
館内各所に生花が飾られてますが
リースナブルなお部屋でもそれは同じ。
 
 
Room2
 
 
 
 
窓側にある美しい趣の洗面台は
大工さんの手作りで銅が貼られてます。
 
 
Room4
 
 
 
 
シンプルなアメニティ。
 
 
Room5_2
 
 
 
 
でも、男性用と女性用のスキンローションなどは完備。
 
 
Room6
 
 
 
 
 
同じく、窓側にある棚の上には
Russell Hobbsのケトル(欲しい)と
ケトル用のお水が入ったポット。
*灰皿がありましたが、お部屋は全くタバコの臭いがしません。   
 
 
Room10
 
 
 
 
 
館内も部屋も
リニューアルされたとはいえ
古さは否めず昭和の旅館の雰囲気が残るのですが、
”もてなし”は新しくて快適。
 
 
 
ケトルやお花をはじめ
この美しく整えられた引き出しの中を見ると
その心意気がとてもよく伝わってきます。
 
 
Room7
 
 
 
 
 
保冷庫には宿オリジナルのお菓子と冷水。
水道水ですが、美味しいのでペットボトル水は不要です。
 
 
Room9
 
 
 
 
 
 
タオル類はお部屋から持参する方式になってました。
部屋にはバスタオルが一人2枚ずつ。
 
 
Room12   
 
 
 
 
 
夜の本館も美しい、、、。
 
 
Night1   
 
 
 
 
 
 
食事を終えて部屋に戻ったら
嬉しい事を発見!!
 
 
 
 
 
な、なんと
以前はお世辞にも寝心地が良いとは言えなかった
あの煎餅布団1枚だった寝具に
(ごめんなさい、今だからはっきり言っちゃいます)
 
 
 
 
ウレタンマットレスが追加されてました〜!!
 
 
嬉しい〜!!
 
 
 
 
和室に泊まりたいけど
あの布団だけはちょっと、、、と思ってましたが
もうその心配はありません。
 
 
Huton2
 
 
 
身体が沈み込むことなく快適に眠れました。
良かった〜ヽ(´▽`)/
 
 
 
 
大浴場などの写真は撮ってませんが、
薬湯をはじめお風呂も良かったです。
 
 
 
 
 
一條さんは
古い建物をリニューアルしているので
「全て新しく高級じゃなきゃ満足できない」方には
おすすめできませんが、
 
 
ホテルと同様の快適なサービスを受けつつ
歴史ある建物や湯治場の雰囲気を楽しみたいという方は
きっと満足されるのではないでしょうか。
 
 
もちろん
従業員の皆さんも笑顔と温かい接客も素晴らしい。
(これを語るともっと長くなるので今回はやめます)
 
 
 
このエリアは良い宿激戦区ですが、
まずはぜひ一番リーズナブルなお部屋に泊まって
(できれば更にお得な平日に)
一條のCPの良さを堪能していただきたいと思います。 
 
 
 
ほんとに、
一條さんに泊まってから
このお値段でこれ以上の宿がなかなか見つからず
宿選びが更に難しくなってしまったのですから、、、。
 
 

« ドラマSCANDAL とフレアパンツ | トップページ | 宮城県 鎌先温泉 湯主一條 食事編 »

ホテル&旅館」カテゴリの記事

コメント

私も低髄圧症候群を患い、4ヶ月が経ちました。おかげさまで起立性の頭痛は起きなくなり、肩と首の重みが残る程度です。漢方薬もそれには効かなくなってきて、どうしたら治るかなーと思っています。
私も治ったら行きたいのは、温泉旅館です!まだ恐怖心から泊まり旅行は行けていないので、いつ行けるかなー、もう行って大丈夫かなーとウズウズしています。
とてもすてきな温泉旅館ですね。羨ましいです。

にゃんさん

起立性の頭痛は起きなくなったとのこと、本当に良かった!!
私も嬉しいです。
 
肩と首の重みが残っているとのこと、マッサージなどができないので
困りますよね。この病気は元の身体に戻るまで本当に時間がかかります。
少しでも早く良くなるように祈っています。
    
恐怖心、あれだけの痛みを経験したのですからすぐには消えませんよね。
ブログには書きませんでしたが、私も回復後に初めて旅行に行った時は
ドキドキして冷や汗が出ました。でも一度行ってしまえばきっと大丈夫。
温泉旅館、早く行けるようになると良いですね!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマSCANDAL とフレアパンツ | トップページ | 宮城県 鎌先温泉 湯主一條 食事編 »