« 濃縮蜜柑(ドライ蜜柑) | トップページ | ふらふら願望? »

2015年9月 5日 (土)

フラノ寶亭留

  
ひたすら毎日
炊事→洗濯→カビ取りで頑張った夏休み、
やっと私の夏休みがやってきました。
 
 
週末以外の予定は
直前にならないとわからない我が家ゆえ、
いつものように1泊2日旅です。
 
 
今回のテーマも美味しいご飯と温泉♪
ということで
北海道は富良野のフラノ寶亭留へ行ってきました。
 
 
もともと食事はフレンチの宿ですが、  
今年の春から
洞爺のMichel BRASにいらした方が
料理長に就任されたとのこと。
ぜひ一度行ってみたいと楽しみにしてました。
 
     
まずは
ロビーにてチェックイン。
 
P1010001
*これは朝に撮影したものです。
 ちなみに夜はこんな感じ↓とても素敵で落ち着きます。 
 
P1000969_2
 
 
1枚板の美しいテーブルに案内されて
ウェルカムドリンクとお菓子をいただきながら
説明を受けます。
 
P1000923_2  
 
冷たいラベンダー茶、メロンのジュレ、
ラベンダーのフィナンシェ。
夕食以外は普通のホテルだと思っていたので
これは嬉しい驚きでした。
 
 
 
お部屋はリーズナブルなタイプのツイン。
ラッキーなことに今回は2Fで
温泉への階段のすぐ隣り。便利だったので
次に泊まる時もこの部屋(212)をリクエストします。
*温泉は1Fと3Fで入れ替え制
 
 
P1000937
 
 
P1000939
 
ベッドの寝心地はちょっと残念。
たぶんポケットコイルじゃない?(違ってたらすみません)
マットレスは無理でもせめてパッドを変えれば、、、。
 
ベッドまわりにコンセントがなく、
照明も個別にオン・オフできないので、
ベッドで読書する人は
何か対応をリクエストする方が良いでしょう。 
 
 
P1000932_2  
 
 
P1000933
 
たまたまかもしれませんが、
シャワーキャップが見当たりませんでした。
 
 
P1000934
 
 
P1000949
 
 
 
右のドアはトイレです。
中に手洗い器がありました。
 
P1000927_2
 
 
冷蔵庫は全てフリードリンクで、
足りなければ補充してくれます。
 
 
ガラナが入ってたのと(笑)
ビールはさっぽろ黒ラベルの瓶というのが
やっぱり北海道ですね。
 
亡き父がサッポロビールの瓶をケースで
酒屋さんから届けてもらっていたことを
懐かしく思い出します。
 
P1000946_2
 
 
この季節に泊まりたかった理由の1がこのテラス。
暑くなく、虫も少なく
快適に過ごせると思ったので。
 
 
P1000941
 
 
部屋からはラベンダー畑view。
満開の時はきっと香りも楽しめることでしょう。
 
 
P1000943
 
 
夕食は期待通りとても美味しくいただきました。
ソムリエの方もいるのでワインも充実しています。
 
 
この他にアミューズと食後の小さなお菓子が提供されました。
 
P1000976P1000978
P1000980P1000982
P1000983P1000986
 
 
部屋に届けられる夜食は鶏肉のちまき。
美味しかったです。
 
 
P1000990
 
 
 
朝食は、、、、賛否両論かも。
 
なぜかパンとお粥&味噌汁の和洋折衷。
コンフィチュールがあるのに
パンはペイストリー系ばかり。 
セルフで飲み物とヨーグルトがありました。 
 
P1010006P1010007
 
それぞれの品は吟味されたものばかりで
味は悪くないのですがなぜこの組み合わせ?
「全部だしちゃえ」的な感じが大らかな北海道っぽい?
 
 
朝食時間は予約制なので、
やはり選択できれば嬉しかったかも。
 
 
 
そしてホテルの大きな魅力が広いお庭。
お花畑、野菜畑、ウッドデッキが整備されて
気持ち良く散策できました。
 
 
ただ、ホテルが注意を呼びかけてましたが、
2週間前に駐車場の裏で熊が目撃されたそうで、
散策はちょっと緊張しました。
こればかりは仕方がないですね。
 
 
P1010013
 
P1010015
 
P1010017
 
トマトは採って食べても良いそう。
甘くて美味しかった!!
 
 
 
こちらのホテルは25室に対して
パブリックスペースがとても充実してました。
 
ギャラリーにラウンジ、Barと
ゆっくり過ごせる場所がたくさん。
 
Barはほとんどのメニューが無料です。
これにはオットも大喜びで
雪の季節にBarでゆっくり飲むために再訪したいと。
 
バーテンダーさんのお話ではそういうお客さんが
やっぱりいるそうです。
 
 
P1000973
 
 
 
美味しい食事に温泉、庭の散策、雄大な景色。
(温泉は少し狭くて一部設備の老朽化があるので
レビューでは厳しい意見もあるようです)
礼儀正しく、よく気がつき声掛けができる接客。
せひ再訪したいと思いました。  
 
 
ただ、、、ちょっぴり残念だったことも。
(おばさんの戯言なので
ここから先は興味のある方だけどうぞ)
 
 
 
欲張りかもしれませんが、
つい、部屋数、立地(有名観光地)、食事内容、価格帯が似てる 
屋久島のSankaraと比べてしまいます。
 
 
Sankaraにあってフラノ寶亭留に足りないもの、、、
それはたぶん
”感動”でしょうか。
 
 
感動を生むのは料理でも設備でもなく最終的には人、
コミュニケーション。
 
 
バトラー制のSankaraと比べてはいけないのですが、
せめて宿泊客がどのような目的で泊まるかを
知ろうとする気持ちがあれば
接客(交わす会話)も変わってくるのではないかと。
 
 
例えば
 
”観光でいらしたのですか?
それなら◯◯が今とてもきれいですよ”とか、
 
 
私達のような食事が目的のお客さんには
”次回は◯◯の季節にもぜひいらして下さい”と再訪を促したり、
”このお店の◯◯も美味しいですよ”とか。
 
 
誕生日のサプライズといった
大きな感動も良いのですが、
こういう小さな感動が心に残るのですよね。
 
 
フラノ寶亭留は、
”写真撮りましょうか”とか
セルフなのに”コーヒーお持ちしましょうか”といった
声掛けはあったのですが
基本的には挨拶と料理の説明しかなかったのが残念。
 
 
やっぱり宿で大事なのは「人」なのだと
またまた実感したのでした。
 
 
 
 

« 濃縮蜜柑(ドライ蜜柑) | トップページ | ふらふら願望? »

ホテル&旅館」カテゴリの記事

コメント

ブログの写真を見た限り、素敵なホテルですね~。
富良野は、帯広からだと十分日帰り出来る距離なので泊まったことがありません。
ロビーが開放感あって素敵でだし、ウェルカムドリンクも北海道らしいトレイですね。

ガラナやサッポロ黒ラベルも笑ってしまいました。
笑うところじゃないんですけど道民なだけに、北海道と言えばコレっていう感じがわかって。

夕食も美味しそう~♪
テラスも素敵だし、バーの雰囲気もいいですね。

その他の率直な意見が、なるほどなぁと感じました。
宿泊客とのコミュニケーション。
確かに、今まであちこち泊まっても当たり障りない対応でしかなかった気がします。
宿泊の目的を聞かれたことってないかも。
北海道の客だから聞かれないのかな、と思っていましたが、遠くから来られたお客さんに対してもそうなのですね。

接客時のさりげない会話で、旅の印象って随分と変わりますよね。

黒糖かりんさん

ふふふ、ガラナを見た時は思わずテンションが上がりました。
東京人のオットは「?」という反応でしたけど、、、。

たしかに帯広からだとわざわざ富良野では宿泊しないですよね。
10年ぶり位に行ったのですが、美味しそうなパン屋さんとかカフェとか
富良野マルシェとかがあってびっくり。全部食べられなかったのが心残りです。
 
長々と綴ってしまったのに読んで下さってありがとうございます。
どうしてもハイクラス系の宿には要求するものが多くなってしまって、、、。
ホントにお金持ちの皆さんはそんな細かいことは気にしないのでしょう(笑)
 
でも富良野ホテルは総合的にはとても素敵な宿なのでご夫婦の記念日などにぜひ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 濃縮蜜柑(ドライ蜜柑) | トップページ | ふらふら願望? »