« 一宮でブロンプトンと守谷海岸 | トップページ | 柳月(りゅうげつ)のお菓子いろいろ »

2015年12月 3日 (木)

小屋生活4年目へ

   
南房総のリゾートマンションを手放して
その近くに小さな小屋が完成したのが2012年11月。
早くも3年が経ちました。
 
 
マンションは
景観、大浴場、いつでもゴミ出しOKなど
とっても良かったので
恋しい気持ちもありますが、
 
小屋生活の方が
今の私達には合っていると感じてます。
大きな音で音楽が聞けるし、
家庭菜園もできるし、
冬はストーブで暖かいし。
 
 
ただ、
小屋そのものに関しては
もっとこうすれば良かったなあ〜
と思うことも若干。
 
 
 
その①寝室スペースの壁
 
Photo
 
壁は全て火山灰シラスの塗り壁で仕上げましたが、
この壁だけは塗らずに天井に貼ったベニヤ板と同じ
板貼りにすれば良かった、、、。
その方が小屋っぽくなったと思います。
 
 
 
その②間仕切りの壁
 
Wall  
 
小屋は掃除の手間や防カビなどを考慮したワンルーム。
水回りスペースとリビングを隔てるのは
この間仕切り壁だけです。
ここも左官屋さんに塗って頂きました。
 
これはこれで悪くないのですが、
やっぱり石を貼りたかった、、、、。
室内に石を使うのはずっと憧れだったのになあ。
ここはホントに後悔してます。
 
 
 
その③洗面台の高さ
 
Photo_4
 
オットの希望で高さ90cmです。
が、やっぱり高過ぎました。
手を洗う時は使い易いけど顔を洗う時は
十分かがむことができず使いにくい。
あと10cm低い方が良かったです。
 
 
 
振り返るとこの小屋の設計開始と同時に
脳髄を発症してしまい、
気持ち的には「もう何でもいいよ〜」って
感じで妥協してしまったのですね。
今ならもっとちゃんと選んだのに、、、。
 
 
と、今さら言っても仕方がないですし
こうして元気に東京と南房総の
二拠点生活を楽しめているのですから
贅沢を言ってはいけません。
感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

« 一宮でブロンプトンと守谷海岸 | トップページ | 柳月(りゅうげつ)のお菓子いろいろ »

南房総の小屋」カテゴリの記事

コメント

素敵なお部屋~!(^^)!
このお家と脳脊が同時だったのですね・・・それは考えられなくて当然ですね(^_^;)
Luccaさん宅の寝室のように、梁?と言うのでしょうか
ログハウスっぽくて憧れていたのですが、我が家でこれを付けてしまうと物凄い圧迫感があり断念しました((+_+))
新潟のカーブドッチワイナリーのお部屋も素敵な梁が付いていて、行くたび憧れます(o^-^o)

BAUHINIAさん

ありがとうございます。セカンドハウスは掃除が楽じゃないと
行くのが嫌になってしまうので、できるだけシンプルな作りにした結果、
梁がむき出しになりました。でも梁の掃除方法まで考えていなかったので、
ホコリがたまっても見えないフリしてます(^-^;
 
脳髄、、、ベッドで寝てる私の傍らで「ここはどうする?」とオットに聞かれ
「もうどっちでもいいよ〜(静かに寝かせて)」という日々でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一宮でブロンプトンと守谷海岸 | トップページ | 柳月(りゅうげつ)のお菓子いろいろ »