« やっと復活 | トップページ | 冬道対策 »

2016年2月 2日 (火)

Amazonのプライムビデオ 〜The Good Wife〜

   
それはある日の通勤電車の中のこと。
 
 
私の隣りに立ってた男性が
スマートフォンでドラマ「孤独のグルメ」を観てました。
(帰りの電車でこれを観るのは辛くないのか?)
 
 
なるほど、無料のあれですね。
 
 
と思って正面に座っている男性の手元に目を向けると、
タブレット端末でドラマ「Jin 仁」を鑑賞中。
 
 
あなたもですか。
 
 
そう、
Amazonのプライムビデオ(無料)ですね。
 
 
かくいう私もプライム会員なので
よく利用しています。
とうとうツタヤディスカスは解約してしまった。
 
 
プライムの海外ドラマの種類は少ないけれど
お試しで1話だけ観てみたら
どっぷりハマったものがあって、
 
 
それがこれ↓
 
Download
 
 
このドラマ、タイトルが良くないと思うのですよ。
まるで内向きなホームドラマのような印象。
 
 
でも観たらぜんぜん違ってました。
基本的には1話完結の法廷ドラマです。
 
 
 
毎回様々な裁判=ドラマが繰り広げられますが、
全編で貫かれているのは法のリスペクト。
 
 
双方とも勝つために
法律を有利に解釈しプラクティスするけれど 
 
 
法を尊重し厳守することだけはブレない。
 
 
様々な人種や社会階級の人が一緒に暮らすアメリカでは
争いを解決するのはお金でも暴力でもない、
 
法律すなわちここは法治国家なのだという
作り手の強い信念が感じられるので
 
時には不条理な判決でも納得して観られるのです。
だって法律ではそれが正しいから。
 
 
 
主人公のアリシアさんが(弁護士役)
ありがちな自己主張が強いタイプではなく
 
滅多に大声を出さない(子供の問題の時だけ激怒)、
上司から「それりゃないだろう」的な指示をされても
黙って淡々と職務を遂行し必ず結果を出す姿も新鮮。
 
 
上司の女性弁護士が見た目は共和党なのに
民主党支持者という設定も興味深いですし、
 
 
次々と登場する個性的な弁護士達や判事達も面白い。
(朝ドラのあまちゃんのマタニティ弁護士って
もしかしてこれに登場する人が元ネタ?)
 
 
特にシーズン2から登場するマイケルJフォックス!
(Back to the Futureの人です)
 
 
自身がパーキンソン病を患っている彼は
役もそのまま障がいを持つ弁護士という設定なのですが、
 
 
障がいがある=弱者の味方、ではない。
もうこのヒト嫌、何とかして〜!と思うほど。
 
 
日本のドラマでは過剰な配慮意識が働いて
絶対にこんな風に描かれることはないでしょうね。
 
 
 
このThe Good Wife、
シーズン4までしかなかったのに
最近やっと5&6がプライムに追加されました。
 
 
待ってました!
ということが書きたかったのでした。
 
 
 

« やっと復活 | トップページ | 冬道対策 »

本、DVD、etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと復活 | トップページ | 冬道対策 »