« 冬道対策 | トップページ | 桜と猫とちゃんぽん »

2016年2月 6日 (土)

Villa D'estのプリマベーラ・メルローとディスコ神の追悼

   
昼過ぎに南房総の小屋へ到着したら
家の周りがものすごい煙に包まれ真っ白になってました。
 
野焼きです。
 
小屋の正面と後ろが畑なので野焼きは頻繁。
珍しくないのですが今日のはメガトン級!!
飛んできた灰でクルマが白くなりました。
 
都会なら消防車を呼ぶ人がいるでしょうね(苦笑)
 
 
 
夕方、まだ野焼きの煙を感じつつも
海岸をウォーク&ラン。
身体を動かすと
食事もお酒もより美味しくなるから頑張れ〜。
 
P1020060
 
 
今夜は、一足早くヴァレンタイン・ディナーの名目で
玉村豊男氏のヴィラデストのメルローを
チーズフォンデュと一緒にいただきました。
 
 
我が家ではオットのコレステロール問題のため
チーズフォンデュは滅多に食べられないごちそうです。
 
 
なぜヴィラデストのワインとこの料理かというと
久しぶりにこの本を再読したから。
 
P1020057  
 
 
大好きな料理エッセイ本「健全なる美食」玉村豊男著。
 
この表紙の一皿がベルトゥーという
シャブレ地方のチーズ料理なのです。
 
 
この本には自身の農園で収穫した野菜を中心として
フレンチ、イタリアン、エスニック、中華など
様々は料理が登場します。
 
どれも本当に美味しそうなのですが
季節ごとの農園の様子、料理の背景、材料の物語など
料理にまつわる話のあれこれが
読んていて本当に楽しい。
 
 
このベルトゥーの章はこんな風に始まります。
 
 
”居間の暖炉に火をおこして、
パチパチと薪のはぜる音を聞きながら一杯やる”
(玉村豊男書 中公文庫 健全なる美食 P158より)
 
 
初めてこの1節を読んだ時に、
「絶対にいつかこういう生活をしよう」と強く憧れました。
 
 
現実には暖炉は手間が掛かり過ぎるので断念し、
お手軽なペレットストーブにしましたが、
 
赤々と燃える火を眺めながら
ゆっくり食事やお酒をいただく時間は
何よりの贅沢だと感謝しています。   
 
 
 
 
そして食後のレコードタイムは
やっぱりこのお方の1枚を。
 
P1020065
 
 
先日亡くなった
Earth Wind & Fireのモーリス・ホワイトを追悼し、
 
1979年のアルバム "I AM"  邦題なぜか ”黙示録”
 
 
 
中ジャケを開けてびっくり、派手だわ〜。
 
P1020068_2   
 
 
 
 
でもってモーリス様は真ん中のこのお方です。
 
P1020063
 
 
もうこのまま飾って焼香できそう。
 
 
ディスコ神、
ミラーボール神、
 
モーリス・ホワイトよ永遠に!  
 
 
合掌。
 

« 冬道対策 | トップページ | 桜と猫とちゃんぽん »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬道対策 | トップページ | 桜と猫とちゃんぽん »