« 紫陽花と海辺でナポリタン | トップページ | 南房総は枇杷の季節です »

2016年6月 2日 (木)

朝井まかて作品と”さんかく”

   
朝井まかての小説「ちゃんちゃら」を読んでいたら
”さんかくの旦那”という人物が登場しました。
 
 
”さんかく”とは
 
 
恥かく
 
義理欠く
 
礼を欠く 
 
 
ことを指す言葉で
お金持ちになる極意なんだそう。
たしかにそうかも。
 
 
最近の都知事さん関連のニュースを見ると
ついこの言葉を思い浮かべてしまいます。
 
 
 
それはさておき、
「ちゃんちゃら」も
面白くて一気に読んでしまいました。
 
 
41zsulpaqjl_2
 
 
 
 
 
でも朝井まかて作品では、
今のところこれが一番好き。
 
P1020761_3
 
 
シーボルト先生と彼のお庭番(園丁)の物語。
長崎に行きたくなります。
 

« 紫陽花と海辺でナポリタン | トップページ | 南房総は枇杷の季節です »

本、DVD、etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫陽花と海辺でナポリタン | トップページ | 南房総は枇杷の季節です »