« 台風とシン・ゴジラ | トップページ | 夏休みの〆はゴーヤチャンプルー »

2016年8月19日 (金)

セカンドハウスのご近所付き合い

   
夏休みは2日目にプチぎっくり腰に
なってしまったので何もできず、
小屋でおとなしく家事する毎日でした。
 
 
そんなある日の午後、
「こんにちは〜」と来客が。
 
 
地区の青年会の皆さんが
お祭り用の花飾りを持ってきたのでした。
 
 
これです。
 
P1030203  
 
門松のように家の外に飾るもの、
2本セットで500円也。 
 
 
これを受け取ったのは初めてです。
お祭り時によく見かけますが
どこで入手するかずっと知りませんでした。
 
 
各自が作る?
行政が配る?
スーパーとかで売ってる? 
 
 
なるほど、
地区の青年会などで作って販売し、
それがお祭り開催費用の一部になってたのですね。
 
 
 
その地域に家を建てると
セカンドハウスといえども
それなりのお付き合いが発生します。
 
 
我が家ではとにかく家の前で会う方には
誰にでも明るく挨拶するようにしたり、
 
いわゆる町内会費のようなものも
竣工後からすぐに払い始めてました。
 
 
ちなみにこの会費、
 
人口が少ないことや
消防団の費用もあるので
東京で払ってる金額の約3倍。
年間1万円以上とかなり高額です。
 
 
でもその地域でお世話になる以上
これは絶対に払うべき。
 
 
毎年、会計係になった方が集金に来る際も
 
”集金ありがとうございます”という
感謝の気持ちを目一杯表現するように
気を遣ってます。
 
以前、戸建に住んでた時に
私も担ったことがあるのですが、
ホントにこれは面倒な役割ですから。
 
 
そのおかげかどうかはわかりませんが、
小屋が竣工してから初めて
こうして青年会の皆さんが訪問して下さいました。
 
 
ようやく地域の一員として
ほんのちょっぴり認めて頂いた感じです。 
 
 
 
 
これは
道の駅で買った「トンダビアンカ」という
珍しいイタリア茄子。
 
P1030209
 
 
生産者の名前と住所を見たら
小屋の裏の畑、ご近所さんでした。
 
今度会ったら美味しい料理方法を聞いてみましょう。
 
 

« 台風とシン・ゴジラ | トップページ | 夏休みの〆はゴーヤチャンプルー »

南房総の小屋」カテゴリの記事

コメント

会費の徴収は面倒だし、金銭が絡むので担当の方は大変ですよね(*_*;
我が家の地区は春に一括徴収なのですが、これいつかうちもやるのか~と、数年先ですが憂鬱です(笑)
そしてなんて美しい茄子!!そのまま置物にできそうですね!(^^)!
きっと食べ方もオシャレなんだろうな~(*^^*)

BAUHINIAさん

戸建てに住むと避けて通れないですよね。
以前住んでいた地域では、
盆踊り大会の寄付の集金係もありました(笑)
      
皮をむいて調理する茄子なのですが、
とってもクリーミィーでした。
たぶんフリットとかにするのが一番合いそうでしたよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風とシン・ゴジラ | トップページ | 夏休みの〆はゴーヤチャンプルー »