« 多摩川にて | トップページ | 秋桜、そしてまた雨 »

2016年10月27日 (木)

フランス人がときめいた日本の美術館

  
タイトルに惹かれて入手しました。
 
フランス人の美術史家
ソフィー・リチャードさんによる
日本の美術館ガイドです。
 
Img_0209  
 
表紙のイラストは豊島美術館ですね。
いつか行ってみたい!
 
 
Casa Brutusの美術館ガイドの
主軸が建築ならば、
 
ソフィーさんのガイドのそれは
日本文化。
 
皇室、着物、民芸、庭園、浮世絵、
大名道具、古民家、茶道具など、
 
テーマごとにわかりやすく、
外国人ならではの視点も交えて
案内しています。
 
もちろん、直島や金沢、青森の
人気美術館も。
 
 
とりあえずこの本の中から
やはり一度は行かねばと再確認したのが
 
 
江戸東京博物館(行ったことがないのです)
日本民藝館
太田記念美術館(葛飾応為の作品が見たい!)
 
重森三玲庭園美術館(京都)
イサムノグチ庭園美術館(香川)
豊島美術館(香川)
十和田市現代美術館(青森)
奈義町現代美術館(岡山)
 
 
あと、
これまで全く興味がなかったけれど
 
 
旧朝倉家住宅(東京)
田中本家博物館(長野)
 
そして意外にも
 
徳川美術館(名古屋)
 
 
この本には掲載されてませんが
来年8月に開館する
富山県美術館にも行きたい。
 
 
最近、以前ほど
旅に行きたいと思わなくなって
 
これも年齢と重ねたせい?と
少し寂しく感じてましたが、
 
 
こうしてリストにすると
まだまだ行きたい場所が
沢山ありました。
 
頑張って旅貯金しなくちゃ。 
 
 

« 多摩川にて | トップページ | 秋桜、そしてまた雨 »

本、DVD、etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩川にて | トップページ | 秋桜、そしてまた雨 »