« 自由過ぎる母に会いに羽田のホテルへ | トップページ | 曇り空と鴨と柳月のお菓子 »

2017年5月13日 (土)

話が通じない人に困惑する

  
東京で過ごすつもりでしたが
予定が変更になり南房総の小屋へ。
 
雨が止んだのでいつものように
近くの海岸へ散歩に行きました。
 
どんよりした曇り空の夕方、
だれもいない静かな浜辺。
と思いきや、
何か黒く動いてるものがいる!
 
数十メートル先にいるのに
はっきりと”大きい”とわかる動物です。 
 
北海道ならば「熊?」となりますが
ここは南房総、それはない。
 
ジャーマンシェパードの成犬でした。
 
 
リードなし。
飼い主さんの姿もなし。
 
 
どうしよう?
どんな性格、素性の犬かわからないし
いきなり見知らぬ大型犬と
仲良くなれる自信はありません。
はっきり言ってちょっと怖い。
 
とりあえずその場を静かに離れました。
 
 
帰る途中、これから海岸へ
犬の散歩に行く人に出会ったので
状況を話すと、
 
「たぶん◯◯さん家の犬」と
飼い主さんを教えてくれました。
 
 
じゃあ逃げちゃったのねと思い
急いで飼い主さんに知らせに行くと
出てきたのは60代〜70代?位のご夫婦。
 
 
奥様曰く、
「よく逃げ出すのよ。飽きたら
自分で戻ってくるから大丈夫〜。」
 
私、
「でも何が起きるかわからないし
犬が苦手な人もいますから」
 
ご主人、
「訓練してるから絶対に大丈夫!」
 
とのこと。
探しに行くつもりは
全くないようでした。
 
 
え〜!そんなあ、
どんなに訓練された犬でも
突発的な状況に驚いて
予想外の行動することだってあるのに。
 
一人でランニングしている時とか怖いし
お年寄りや子供だけで小型犬を
散歩させてる人もたくさんいる場所なのに・・・。
ちゃんと対応してくれないと困る!!
 
と思いながらも、
それ以上どうすることも出来ませんでした。
 
その後、
その犬が住宅街の中をウロウロする姿を
見かけましたが
ちゃんと帰ったのでしょうかね。
 
 
結局、 
飼い主さんにこちらが何を言っても
無駄のようなので
行政などから注意して頂くことに。
 
 
翌日、
近くの駐在所に連絡し、
(駐在さんは小型犬を飼ってるので
すぐに状況を理解)
 
保健所にも電話して
注意して頂くようお願いしました。
 
 
そこまでする必要があるのか?と
最初は思いましたが、
後でご近所さんに聞いた話では
過去にもその飼主さんは
犬関連のトラブルがあったとか。
 
なんというか、
世界の中心は自分達的思考というか
他者配慮が欠如しているタイプだそう。
 
なるほど話が全く通じないわけでした。
 
たぶん、警察や保健所から
何を言われても
気にしないでしょうね。
 
でも、何もしないよりはいいと
思うようにしています。
 
というか、
シェパードちゃん
もう逃げ出さないでほしい、、、。
 
 
写真ではわかりにくいですが、
大きかったです。
 
もちろん犬に罪はありません。
 
Img_1253
 
 

« 自由過ぎる母に会いに羽田のホテルへ | トップページ | 曇り空と鴨と柳月のお菓子 »

南房総」カテゴリの記事

コメント

これ本当にそうです!わんちゃん何も悪くない(+_+)
でも万が一人を嚙んだりすると、悲しいことに殺処分になったりしますものね。
特に子供は悪気なく上から触ったりするので、驚いて噛んでしまう事も100%ないとは言えない・・・
先日もゴールデンと赤ちゃんの悲しい事故があったばかりですし(:_;)

このお話しつながりで、娘を抱っこでお買い物に出た時
大型犬を連れたご婦人がいらしたので
見て!大きいワンちゃんねー!可愛いねー!とラブラブ光線を送っていたら
すれ違う直前にご婦人は笑顔で会釈しながら、リードをご自身の手に二重に巻き付け
ワンちゃんと自分の位置をさっと変えました。
とても賢そうで、飛び掛かってくる様には見えなかったのですが
きちんとされてる飼い主さんだな~と思って、嬉しくなりました(o^-^o)

シェパードの飼い主さんも、これを機に改めて下さると良いですね!

BAUHINIAさん

本当にそうですよね。きちんと管理しないために
殺処分なんて事例たくさんありますよね(涙)
今回の飼い主さんは、事故の心配もしないし、
犬が迷子になる可能性も全く考えていないみたいなので、
本当に悲しくなりました。
 
人と出会った際にリードを引く飼い主さん、
嬉しい心遣いですよね。そういう方と出会うとホッとします(*^-^)
 
お嬢さんを抱っこで買物に行かれることもあるのですね♪
街でそういうママを見ると、
荷物持ちとか手伝ってあげたい気持ちになります(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由過ぎる母に会いに羽田のホテルへ | トップページ | 曇り空と鴨と柳月のお菓子 »