« 湯山荘 阿讃琴南(あさんことなみ)  部屋&お風呂 | トップページ | ちいさな秋とチャルダ »

2017年10月22日 (日)

湯山荘 阿讃琴南(あさんことなみ)  食事&感想

   
阿讃琴南の夕食です。
メインダイニングの穀雨で
いただきました。
 
 
お品書き
 
Img_2241
 
 
お酒の種類は比較的豊富で、
例えば日本酒ならば
純米酒、吟醸酒、清酒合わせて
8種類位、
すべて外国産のワインは
20種類以上ありました。
 
私達は地元香川の日本酒を
いただきました。
普通は小さなグラスで提供されますが、
リクエストすればワイングラスでも可。
 
Img_2236
 
 
先付けは
隠れてみえませんが、
塩漬けされたお豆腐でした。
 
Img_2234   
 
料理名はスープですが、
茶碗蒸しです。
 
Img_2237
 
 
 
オリーブを食べて育った
サーモンや鰤が美味しかった!!
 
Img_2238
 
 
お肉と野菜は自分で焼きます。
 
Img_2239
 
 
ここでもう一度お魚。
鰹のたたきのポン酢味噌和え。
 
Img_2240
 
 
鍋は讃岐コーチン。
係の人が作って取り分けてくれます。
 
Img_2242
 
 
土鍋で炊いたご飯も美味しかったです。
 
Img_2246
 
 
デザートは柿のプリンでした。
 
Img_2247
 
 
 
夕食は厳選された地元の食材が
使われていてどれも美味しかったです。
どのお酒に合うし私達は満足しました。
 
ただ、
 
基本的には
切って出すだけのものが多く、
「料理」と呼べるものはわずか。
 
これならプロの料理人は一人でもOK?
 
こんなに立派な施設なのに
宿泊料が比較的お安い理由が
わかるような気がしました。
 
 
朝食は、      
9時の飛行に乗るために
6時半チェックアウトだったため、
いただきませんでした。
 
 
 
感想です。
 
 
良かったこと:
 
・部屋もお風呂も新しくてきれいでおしゃれ
 
・スタッフの皆さんも親切
 
・週末で露天風呂付き客室が2万円台なのは
 とてもリーズナブル
 
 
 
こうだったら嬉しかったかも:
 
 
早朝のチェックアウトは私達の都合なので
宿として何かする必要がないのは
承知していいます。
我儘な希望かもしれません。
 
でも、
 
前日から数人のスタッフに
「朝食なしで早く出発します」
と伝えていたのに、
ホントに、全く、何も配慮なし。
 
早朝ゆえにフロントも一人しか
いなかったため
「お気をつけて」の一言だけで
お見送りもなし。
 
空腹をかかえ
大雨の中、自分達で荷物を持って
駐車場へ向かったのは
さすがにちょっとわびしかったです。
 
 
以前、
屋久島のサンカラに宿泊した際も
飛行機が欠航になったのですが、
 
チェックアウトの際に
ホテルで焼いたパンをプレゼントされ、
(ランチを買う時間も場所もなかったので
本当に助かりました)
 
空港で振替便の手配をしてる時に、
支配人さんから
「代わりの便は予約できましたか?」と
心配する電話を頂戴しました。
 
どうしてもその時のことを
思い出してしまう、、、。
 
いちど良い体験をすると
期待してしまうものなのですね。
 
 
こちらの宿は
普通の時に泊まったならば
十分満足だっと思います。   

« 湯山荘 阿讃琴南(あさんことなみ)  部屋&お風呂 | トップページ | ちいさな秋とチャルダ »

ホテル&旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯山荘 阿讃琴南(あさんことなみ)  部屋&お風呂 | トップページ | ちいさな秋とチャルダ »