« 冬支度、無印のスタイリング相談 | トップページ | 性格も実力のうち »

2018年11月30日 (金)

太田記念美術館

   
朝井まかての小説
「くらら」を読んでいたら
浮世絵が見たくなり、
 
Download_2
 
 
 
行ってきました、
大田記念美術館へ。
 
場所は明治神宮前駅から
徒歩3分。
 
平日の昼間だから
空いてると思ったのですが、
けっこう混んでました。
外国人観光客も多かったです。
 
中に置いてあった
近隣の観光案内フライヤーは
英語版しかなっかた。
 
Img_4397
 
今回は北斎の娘、
お栄さん(応為)の作品は
展示されてませんが、
(所蔵してます)
 
Img_4398
 
 
企画展のテーマが
ちょうど「花魁の衣装」
だったので 
 
見たかった英泉の
作品を見ることができました。
 
想像しながら読むのが
小説の醍醐味ですが、
 
実物を目にすると
登場人物をよりリアルに
感じられるので
これもまた楽しい。
 
 
お栄さんが登場する小説は
宇江佐真理の短編集
「桜花を見た」の中の
「酔いもせず」も好きです。
  
51cct6oliql  
 
登場人物達の様子が
とても生き生きと
描かれていて
 
”宇江佐先生、
その場にいたのですか?”
と思うほど。
 
 
ミステリーでは
山本巧次の
「大江戸科学捜査
八丁堀のおゆう」シリーズの
「北斎に聞いてみろ」も
面白かったです。
 
シリーズの中ではこの作品が
一番好きかな。
 
517nv80vzjl_sx348_bo1204203200_
 
 
 
次の企画展も面白そう!
 
Img_4395_2
 
 
 

« 冬支度、無印のスタイリング相談 | トップページ | 性格も実力のうち »

本、DVD、etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬支度、無印のスタイリング相談 | トップページ | 性格も実力のうち »