« 2021年お正月 | トップページ | 旅キャンセルとナボナ »

2021年1月 8日 (金)

チームオベリベリ

お正月に読もうと楽しみにしていた

北海道の開拓を描いた小説、

乃南アサ著の「チームオベリベリ」を読了しました。

   

面白かった!

600ページ以上ありましたが

一気に読んでしまった。

 

直木賞、ベストセラー作家の

乃南アサ著ですから

地味で辛くなりがちな開拓話ではなく

読みやすくて面白いはず、

と思ってましたが期待通りに。

  

物語はまさにチームのお話で

開拓団に加わった人々の

様々なドラマが描かれてました。

 

晩成社が失敗したのはイナゴのせい

だけじゃなかったんだ…

↑十勝の人しかわからない感想^^;

    

10f7f77e8ed942fd9d36b47600fef47c

  

ちなみにオベリベリとは私の故郷

北海道の帯広のことです。

かつてアイヌの方々がそのように

呼んでいた、と子供の頃から

聞かされてきました。

 

  

〜以下本の解説より〜

宣教師たちが開いた横浜の共立女学校に学ぶ鈴木カネは、父や、兄にならって聖書の教えを受け、勉学に励んでいた。兄の銃太郎は、神学校で一緒だった渡辺勝、依田勉三と北海道開拓について考える始めている。勉三を中心に「晩成社」を興し、新天地へ向かう準備を進める。明治15年(1882年)、23歳になったカネは女学校を卒業し、渡辺勝と結婚、オベリベリと呼ばれた帯広へ行くことを決意する。

 

 

私が卒業した高校のすぐそばに

小さな公園があって

この依田勉三さんの銅像が

立っていました。

 

通学途中にその公園を通り抜ける

こともあったのですが

その頃は銅像には全く関心がなく

眺めることもありませんでした。

こういう小説を読んでいたら

もっと思い入れを持って観たのに。

 

主人公の渡辺カネさんのことも

この小説で初めて知りました。

カネさんのように過酷な環境の中

志を失わずに耐え忍んで

開拓して下さった方々のおかげで

今があるのだと

遅まきながら感謝の念を抱きました。

  

あー、北海道に帰りたい。

帯広の百年記念館に行って

開拓の歴史を再勉強したい。

と、

なんとなく歴史好き&望郷の念が

かき立てられたのでした。

  

でも、

東京は再び緊急事態宣言が

発令され、実家に帰れる日が

またまた遠のいてしまいましたが…。

  

 

読書のお供は年末に

同郷の友人Aちゃんからもらった

六花亭のお菓子たち。

美味しい〜。

    

F8be3e29ca95406993ca80acd0cac11f

  

左下の「百歳(ももとせ)」は

六花亭が帯広開拓100年の年に

記念で作ったもの。

アーモンド粉を使ったタルト菓子で

大好きです。


« 2021年お正月 | トップページ | 旅キャンセルとナボナ »

本、DVD、etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年お正月 | トップページ | 旅キャンセルとナボナ »