南房総

2017年8月27日 (日)

夏が終わりそう、、、そして無花果の季節

  
夏祭りが終わりました。
 
Img_1894
 
 
稲刈りも始まり、
 
Img_1906
 
 
今年は大豊作だった
我が家のトマトも
そろそろ最後の収穫かな。
 
毎週末、100個近く穫れたので
苗代&土代のもとは
十分取れました。
 
Img_1911
 
 
 
自転車で走ってると
ときどき無花果の香りがします。
 
これが無花果畑。
 
Img_1903
 
 
 
美味しそう〜、食べたい!! 
道の駅にたくさん売ってました。
 
Img_1907  
 
 
まずは
アイスにトッピングで。
 
Img_1913
 
 
生ハム、無花果、
ちょっと樽香のある白ワイン、
美味しい季節ですね。 

2017年8月12日 (土)

ハマユウの海辺


散歩RUNを終えて
帰ろうと思ったら

浜辺にハマユウが
咲いてました。


田中一村の「アダンの海辺」を
リスペクトして

ハマユウの海辺、なんてね。





奄美大島で見た
一村の作品、

加計呂麻島で言葉を交わした
バスの運転手さん、


夫の顔を見て
「旦那さんは島の人?」と
尋ねた奄美の
郷土料理屋さんのお母さん、


あれこれと
島のことを思い出しました。

2017年8月 6日 (日)

サーキュレーターと磯遊びとチョコレート

    
快晴、風はほとんどなし。
朝から暑かったです。
 
1階と2階のロフトを合わせて
60㎡弱の小屋には
エアコンが1台のみ。
 
これだけでほぼ大丈夫ですが、
誰かさんが見た目に拘って
部屋の角に設置したため
一部にしか風が届かない。
 
そこで真夏は
サーキュレーターの登場です。
 
Img_1688
 
 
 
涼しい室内でコーヒーを
飲んだらいざ出発。
 
 
 
小屋から自転車で
10分もかからない場所。 
この島っぽい道の先には、、、
 
Img_1694
 
 
内房で一番きれいな海。
 
Img_1709
 
 
この日はビーチサンダルを
持ってきたので
履き替えて磯遊びをしました。
 
Img_1705
 
 
 
夏空が眩しい〜(*^-^)
 
Img_1717
 
 
 
 
夕方、東京へ帰る前に、
小屋のお隣さんの奥様から
チョコレートをいただきました。
 
Img_1719
 
 
ふふふ、
これは間違いなく美味しいわ〜shine
 
いつもお野菜をたくさん
もらってるのにチョコまで。
ごちそうさまでした!!

2017年8月 5日 (土)

花火大会2017

    
いつも散歩&RUNする海岸。
この日は途中までしか行けません。
 
Img_1659
 
花火大会の準備中だから、、、。
 
 
 
今年も美しい花火を
ありがとうございました!!
 
Img_1670
 
 

2017年7月29日 (土)

昭和と平成のキャンプファイヤー

     
小屋に到着して
トマト畑の手入れを終えたら
浜辺を軽く走る。
 
毎週おなじことをしてますが、
全然飽きないのは、
季節ごとに海の表情が
変わるからでしょうか。
 
 
海水浴客が帰った後の浜辺は
とても静かでした。
 
Img_1615
 
 
夕食後、再び浜辺へ。
 
この時期は臨海学校の子供達が
キャンプファイヤーと花火大会を
してるのです。
 
各学校の先生達の
頑張りのおかげで
打ち上げ花火はけっこう本格的。
見応えがあります。  
 
 
この夜は、  
ざっと数えただけでも10校は
いたでしょうか、
とっても賑やかでした。
 
Img_1626
 
ある学校はまるで
ホ◯トクラブの
シャンパンコールをアレンジした
”臨海学校コール”に続いて
”ヲタ芸”のような踊りで盛り上り、
 
その隣りの学校は男女ペアで
オクラホマミキサー!!
(今でも踊るのですね)
 
そのまた隣りでは
マイムマイムに続いて
なんとジンギスカンで踊ってる!!
 
ジンギスカン、、、って
フルコーラスで聴いたのは
何年ぶりかしらん。
 
臨海学校コールに平成を感じ、
ジンギスカンに昭和を偲ぶ。
 
なんとも愉快な
キャンプファイヤーでした。

2017年7月22日 (土)

いつものビーチに夏が来た

  
いつも散歩&RUNするビーチに
ライフセーバーさん達が登場すると
 
今年も夏が来たのだと
実感します。
 
Img_1595
 
 
スーパーやコンビニでも
彼らの姿を見かけます。
 
真っ黒に日焼けして
クラゲに刺された手足を見ると、
 
思わず”ご苦労様”と声をかけて
アイスとか買ってあげたくなっちゃう。
↑まだしたことないけど
 
 
 
夏の夕方は、
ビーチサンダルで海まで行って、
裸足で波打ち際を走ってます。
 
Img_1598
 
 
 

2017年7月 9日 (日)

南の島気分で散走

  
トマトとバジルが豊作なので
ランチは家で食べることに。
 
その前に買い出しを兼ねて
軽く走りました。
 
 
この海の色!!
まるで南の島気分〜、
けどここは東京湾です。
 
遠くに横浜港へ向かう
スタークルーズの客船が
見えました。
 
Img_1531
 
Img_1534
 
 
ちなみに
海だけじゃなくて牧場もあります。
 
Img_1518
 
 
 
お昼ごはんは、
セミドライトマトとアサリのパスタ。
 
早く食べたくて
慌てて撮ったので
盛り付けがすんごく雑。
トマト偏ってるし、、、(汗)
 
Img_1538
 
 
自転車で走った後に
料理するのはちょっと辛いけど、
たまにはいいかも。

2017年7月 2日 (日)

紫陽花とかトマトとか

  
晴れたので自転車で
散走しました。 
 
ここ1、2年でSUPを楽しむ人が
増えましたね。
 
やってみたいけど、
ボードを置く場所がないからなぁ。
 
Img_1500
 
Img_1505
 
 
近所のプチ紫陽花ロード。
そろそろ見納めでしょうか。
 
Img_1499
 
 
 
この日は本当に暑くて
道の駅保田小で
枇杷ソフトクリームを
食べちゃいました。
 
Img_1508
 
 
 
東京に帰る前に
小庭のミニトマトを収穫。
 
Img_1495
 
 
今年は
 
コメリオリジナルの接ぎ木 2本
デルモンテ 1本
サントリー 1本
 
計4本を植えました。
 
今のところ
デルモンテが一番元気。
収穫した実も
トマトらしい香りとコクが
美味しいです。
 
あと植えたのは
ゴーヤと初挑戦のキュウリ。
今のところ順調ですが
さてどうなることやら、、、。
 

2017年7月 1日 (土)

梅雨空、そして困る季節

  
都議選は期日前に
投票を済ませて南房総へ。
どんよりとした梅雨空です。
 
Img_1488
 
それでも今年は
空梅雨のためか
 
小屋内のカビ発生が
少なくて助かってます。
 
ご近所には年に数回しか
持ち主が来ない
豪華な別荘がたくさんありますが、
カビは大丈夫なのでしょうか?
と、つい余計な心配をしてしまう。
 
 
そしてもう1つ困るのが虫問題。
(写真はないのでご安心ください)
 
夜は窓を開けないことで
かなり軽減しますが、
それでもやっぱり出ます。
 
Gは滅多に出ませんが、
一番多いのがクモ。
ほぼ毎回遭遇します。
 
2〜3cmクラスまでは
いちいち悲鳴を上げずに
対決できるようになりましたが、
 
5cm超えの巨大系は無理。
もう絶対に嫌です。
 
家の中でそのサイズに
遭遇するのは
2ヶ月に1回位でしょうか。
 
益虫とか夫は言うけど、
私はすぐに氷殺プシュー。 
ごめんなさい。 
 
 
この日は玄関外の
水道栓のフタを開けたら
10cm超えのが飛び出してきました。
 
思わずギャーっと
叫んでしまった、、、、。
 
 
緑豊かな環境の家や別荘、
素敵です。憧れます。
 
今の小屋がある場所は
畑はあるけど住宅街。
森はありません。
 
でもこんなヘタレの私には
ちょうど良かったと、
 
カビや虫に困るこの季節は
特にそう思うのでした。
 
 
 

2017年6月17日 (土)

ピザとソングバードビールとはなちゃん

  
南房総の小屋へ行く時は
アクアラインの渋滞を避けて
 
お昼近くに東京の自宅を出発、
その後、木更津でランチが
いつものパターン。
 
 
ランチはお蕎麦屋さん
というか、君津の
「ゆで太郎」が多いです(^-^;
 
パーキングが広くて
簡単に食べられるし、
お客さんの回転が良いためか
格安チェーン店なのに
蕎麦も揚げ物も美味しいから。
 
 
でもさすがに最近
ちょっと飽きてきました。
 
 
そこで今回は気分を変えて
久しぶりに木更津の
アーリオ」でピザを。
 
Img_1435
 
 
美味しかった!
この薄めパリパリ系の生地が
好きです。
 
 
 
アーリオに来たのは
実は偶然で
本当の目的は隣のお店で
ビールを買うことなのでした。
 
若いご夫婦が営む小さな蒸溜所です。
 
Img_1437
 
 
定番の3種類の他に
季節のクラフトビールを
製造&販売しています。
 
木更津の自然から採った酵母を
使ったものもあるそう。
 
 
小屋用に数本買ったので
当分の間は
いろいろ楽しめそうです。
 
 
 
小屋に到着後は
海辺を軽く走りました。
 
あっ!
はなちゃんが散歩中!!
 
Img_1440
 
塀の上から顔を出して
皆に挨拶するので近所では
大人気のアイドル犬です。
 
 
そして夜は、
 
Img_1442
 
ハワイアンAORデュオの
Cecilio&Kapono
 
時代を感じるジャケ写は
ちょっと暑苦しいけど
 
爽やかで時に切ない
アコースティックなサウンドが
小屋で聴くのにぴったりでした。 

より以前の記事一覧