cinelli dinamo

2014年1月 4日 (土)

ロード初乗り2014

   
今年のロード初ライドです。
 
まだ登山の疲れが残っているのか
小さな峠を超えただけで足が売り切れ気味。
走るというより、
すっかり散歩モードになってしまいました。
 
県道をそれて静かな集落を抜けます。
 
201401041  
 
 
ランチは三芳の道の駅でカレーそば。
ここのカレーはスパイシーで美味しい〜(*^-^)
 
Photo_4     
 
 
 
南房総は水仙が咲き始めてますが、
菜の花もこれからシーズンを迎えます。
すでに満開のところもありました。
 
201401042_3
 
 
里山ののんびり散走を楽しんだら今度は海へ。
 
201401054
 
今日はまるで湖みたいに静かでした。
 
さあ、これから小屋の撤収作業、
東京へ帰ります。  

2013年10月 6日 (日)

チネリ号

   
久しぶりにロードに乗りました。
 
131006
 
やっぱりロードは、軽い!速い!
乗り手だけが問題ですcoldsweats01

2013年6月15日 (土)

修行は続く

南房総にていつものプチ山岳コースへ。
 
もう、ぜんぜん、ダメダメweep
 
暑さとハンガーノックで先週よりもキツかった、、、。
ちょっとお腹が空いてると感じたら
すぐに食べないとダメですね。
1年乗らなかっただけなのに、
そんなこともすっかり忘れてました。
 
Photo
 
ゆっくり焦らずがんばろう!   

2013年6月 8日 (土)

修行中

ロード再デビューしたものの、
まだダメダメです。
以前はサクッと一周していたプチ山岳コース、
やっぱり足をついてしまいました。
しょうがない、
のんびりペースで行きましょう。
 
走った後のご褒美、
海辺の休憩所での一休み。
 
Sn3v0009
 
またこんな事ができるようになったことに
心から感謝しています。
 
201306081704_r30168201_2    

2013年5月25日 (土)

ロード再デビュー 

昨年4月に脳髄を発症してから13ヶ月、
やっとロードに乗りました。
あまりにも久しぶりなので
 
乗り方忘れてた、、、coldsweats02
 
シフトチェンジってどうやってするんだっけ?
 
オットにレクチャーしてもらい、
いざ出発したものの、、、
 
ひえ〜、こ、怖い〜、、、wobbly
 
ロードバイクってこんなに怖い乗り物だった?
累計で1万キロ位は走ってたハズなのに
すっかり感覚を忘れてました。
情けない。
 
でも、とりあえず乗れて良かったです。
以前のような長距離ライドはできないけど、
のんびり楽しもうと思います。
 
Sn3v0005
 
怖かった原因はシューズのためと判明。
とりあえずスニーカーで乗ったけど、
ビンディングシューズに合わせたサドル高ゆえ、
それではペダルが遠過ぎました。
翌日ビンディングシューズで乗ったら
ぜんぜん快適に。
ロードってやっぱりフィッティングが大事ですね。

2011年9月16日 (金)

十勝・帯広へ(ロード輪行)

ツールド北海道観戦を兼ねて、

十勝・帯広へ。

今回はロードを持って行きました。

ふるさとをロードで走るのは初めてです。

まずは羽田からとかち帯広空港へ。

実は、羽田で自転車をチェックした際に

前輪のパンクが発覚。

直す時間がなかったので

到着後は早速パンク修理です。

まさか今回のために買った空気入れを

自分が先に使うことになるとは・・・。

Pa0_0053

妹がクルマで来てくれたので

荷物を託して私達は自転車で出発!

空港の敷地を出ると・・・。

2

後はひたすらまっすぐーsign01

1

見慣れたはずの風景も

自転車だと

「こんなに広かった?」と新鮮happy01

Pa0_0046

六花亭の中札内美術村でランチを。

ここはカフェテリア方式で

好きなおかずを選びます。

量が多めなので皆でシェアする方が楽しいhappy01

この卵焼きは”正しく甘い”帯広の玉子焼きでした。

Pa0_0048

ジャガイモも美味しい~。

ここで妹と別れて、私達は大樹町へ。

目的は半田ファームのソフトクリームshine

国道236号線は十勝港へ農産物を運ぶ

大型トラックが多いのでできるだけ農道で。

向かい風に泣かされながらもなんとか無事に到着しました。

Pa0_0029

濃いミルク風味ソフトクリーム、

十勝の味だぁhappy01

ファームの方々もとても親切で、

ボトルにお水と氷を入れて下さいました。

助かった!!

帰りも農道を走る予定だったので補給が心配だったのです。

ありがとうございました。

Pa0_0027

ここから帯広までは60㌔。

幸い追い風だったので

楽に走ることができました。

                bicycle

今夜はもちろんジンギスカン!

2010年9月23日 (木)

Cinelli Dinamo写真を少し

私がいつもここでアップしている写真は携帯で撮影したもの。

これではdinamoの情報を求めて来て下さる方にあまりに申し訳ないと

ずっと気になっていたので、

デジカメで撮影したもう少し見やすい写真を集めてみました。

このdinamoの詳細については以前書いたものをご参照下さい

P1020299_2

P1020300

ゴールドのバーテープが巻かれる前では全然印象が違いますね。

付属のバーテープは、カタログ写真よりも落ち着いた色です。

R0028596

R0028597

このフォークのロゴデザインはとてもおしゃれ。

R0028593

デザイン的にはここは白が絶対に良いのですが、

チェーン汚れを考えると”黒の方がお手入れが楽”と、つい思ったりして・・・。

20100919_r3001548

20100919_r3001546

20100829_r3001346

タイヤとサドルを白にした以外は何もアレンジしていません。

もう少し何かしたい気持ちもあるのですが、

あまりにも完成されたデザインなので

しばらくはこのままで乗ろうと思っています。

2010年9月10日 (金)

初期調整

dinamoの調整に行ってきました。

「200~300㌔位走ったら一度調整に来てください」と

言われていたのですが、

ついつい後伸ばしにしていて・・・。

でもインナーローに入れると、明らかに異音がするようになってしまったので、

これはやはり行かねばと、今日やっと行ってきた次第です。

Pa0_0014

異音の原因は、チェーンがガイドプレートにあたっていたため。

↑それぐらい、見て気が付かないとダメですよねぇ(^-^;

実は中古で買った一台目のロード、

最初からローに入れると少し音がしていたので

これ位は普通かもしれないとも思っていたのですcoldsweats01

                  bicycle

原因は、13-29Tのスプロケットを装着しているために、

チェーンのよじれが大きく調整が難しい事に加え、

何度かチェーン落ちさせてしまい自分で適当に直したため。

はい、本当によく見ないでテキトーに・・・(゚ー゚;

今度から気をつけます。

Pa0_0011

調整はスタッフの中山さんが、

せっかくの機会なので(滅多にショップには行かないので)、

ポジションチェックをお願いしたら、

店主の永井さんがセッティングを微調整して下さいました。

お二人とも、こんな四十路テキトーサイクリストにも親切に対応して下さいますhappy01

サドルとハンドルの位置を少し変えたらより乗りやすくなりました。

少し異音がしても、乗りにくくても、

「こんなものかなぁ」と納得してそのままにしてしまうので、

たまにプロの方に見て頂く事は大切ですね。

Pa0_0004

帰りに多摩サイを少し走りました。

羽田の鳥居付近で、見慣れない船が・・・。

ウェットスーツを着た人が長い棒を持って何かしている!!!う、うみざるぅ???

・・・海保ではなく、

東京消防庁の「しぶき」号でした。

釣りをしていた皆さんも興味津々で見ていましたが、何をしていたのでしょうね。

2010年8月 5日 (木)

チネリ ダイナモ Cinelli Dinamo 2010

ブログを始めてまだ間もないのでアクセス数も少ないのですが、

そんな中でも来てくださる方の関心は、

やはりチネリ・ダイナモ cinelli dinamoが圧倒的。

私も購入前は情報が少なくて不便に感じていたことを思い出し、

少しでも何かのお役に立てればと、今日は愛車の紹介をしたいと思います。

初心者による紹介ですのでその点ご了承ください。

              bicycle

2台目のロードということで、それなりに付けたいパーツもあって

今回は完成車ではなくフレームから組んで頂きました。

ちなみに、予約をしたのが2009年の9月末、納車は2010年の6月初旬でした。

チネリの納期はショップでも把握が難しいそうですが、

購入に必要なものは、とりあえず「待つ」ことでしょうか。

Pa0_0015

正直言ってフレーム自体の良し悪しは良くわかりません。

一台目のロードもアルミだったので、こういうものだと納得している面もありますが・・・。

結局、乗り心地はフレームよりも、タイヤの空気圧の方が影響するように思います。

あと、生産国がどこにも記されていないので、どこで作っているかもわかりませんでした。

書いていないということは、イタリア国外なのでしょうかね。

              bicycle

以下、パーツです。

フレーム: Cinelli Dinamo bianca gold (xs)

コンポーネント: Campagnolo Veloce

ホイール: Campagnolo Scirocco

ハンドル: Dixna J-fit (380mm)

ステム: Modolo MO-18 (80mm)

サドル: Sella Italia Lady Gel Flow White

ペダル: BBB Dual Choice 2 

Pa0_0012         

完成車とあまり変わらないといえばそうですが、

一番つけたかったパーツが、

13-29Tのスプロケットです(^-^;

はい、峠や坂道・・・、ツールド千葉やツールド宮古島で

マウンテンバイクの方や小学生、果てはミニベロさんにまで

抜かれた屈辱は二度と味わいたくないと・・・。

このスプロケットのためにリアディレーラーはミドルケージになりました。

Pa0_0011

ショートケージと比べるとたしかに大きいのですが、

付けてしまえばあまり大きさは気になりません。

              bicycle              

ペダルはBBBのDual Choice2、SPD用と普通の靴用の両面タイプです。

ビンディングは今回が初なので比較はできないのですが、

このペダルは私にはとても扱いやすく大正解でした。

突然外れない程度に緩めにセッティングしてありますが、

はめる時は何の力も必要なく、ペダルを見ずに足先だけで探りながら

クリートを正しい位置に置くだけで、

まるでマグネットのようにピタっとくっつく感じにはまります。

逆にビンディング面ではない方を使用する時に

目での確認が必要なくらい、本当にあっけなく。

外すのも1~3回ほど左右にひねれば簡単に外れます。

何よりも、最初の頃は右だけビンディング面、

左は普通面でも問題なくペダルを回せるので

初心者にはとても便利だと思いました。

ただし、ビンディングではない面でクリートのある靴を使用するのはやはり危険、

最低でも右だけはセットする必要があります。

もちろん普通のスニーカーであれば何の問題もありません。

Pa0_0007

ハンドルはモドロのヴィーナスを付けたかったのですが、

残念ながら在庫切れ&納期未定ということで、

前の自転車でも使っていたディズナのJ-Fitになりました。

カンパとの相性ですが、まあまあといったところでしょうか。

細かい調整が必要だったようです。

バーテープはそのまま付属のものを使用しています。

ちょっと派手なキラキラで、巻いてもらっている時に、

「おばさんは光モノが好きだから・・・」と自虐的につぶやいたら、

「僕も光モノつけてますよ!派手でいいですよ」と

ショップの方がフォローしてくださって・・・。

PositivoのNさんに気を遣わせてしまいました(゚ー゚;

Pa0_0020

サドルは以前はボントレガーの女性用を使っていましたが、

このセライタリアのLady Gel Flowの方が私には合っていたようで、

痛みがかなり軽減されました。

比べると、ボントレガーの方が柔らかく、50キロ位までなら大丈夫なのですが、

それ以上になると痛みが出てしまったのです。

今度のサドルは最初は硬い印象だったのですが、

結果的にはそれが良いようで、長く乗っても痛みが少ないと感じました。

Pa0_0006

あと、カンパは噂通りとてもデリケートで、

インナーに入れる際に何度もチェーンを外してしまいました。

”ここで操作すればチェーンは真っ直ぐだから外れない”、

というポイントがわかるようになれば解消される問題ですが・・・。

それでも、シマノが勇敢な王子ならばカンパはやはり姫、

インナーに入れる際は、

「あのう姫さま、今からインナーに入れますがよろしいですね」と

優しく語りかけるように操作しないと、

時々チェーンがかんでクランクが回らなくなります。

ビンディングデビューとカンパデビューを同時に行うのは

避けた方がよいかもしれません。

              bicycle

なんだかあまり役に立つ情報がなかったように思いますが、

また何か気付いたことがあればアップしていきたいと思いますclover

             

2010年7月13日 (火)

Cinelli Dinamo

新しい自転車の購入を機にブログを始めました。

過去の旅の記録もあまり古くないものを中心に順次

アップする予定です。

              bicycle

今度の自転車はチネリのダイナモです。どんな色のウエアにも合って、

スポーティーすぎないデザインということで決めました。

”ゴールドのアクセサリーなら洋服の色を選ばない”という、

基本的に洋服の考え方と同じです。このあたりからも

いかに真剣に走ってないかがわかってしまいますね。

              bicycle

これまで乗っていたのは中古で購入したコルナゴのエントリーモデル。

Photo_3

アルミからアルミなのであまり変わらないのですが・・・(^-^;

輪行が多いので持ち運びのために軽いものが欲しけれど、

今の乗り方ではカーボンまでは必要ないかと。

今回は完成車ではなく、組んでいただきました。

 Cinelli_dinamo

正直言って今まで 、

「たかが100㌔位走るのに、安全に走ることができればそんなに立派な

ものはいらないし、どうせ変わらないのでは?」と思っていたのですが、

これがもうびっくり!!!全然違う乗り物です。タイヤとチューブは

前の自転車と同じものを使っているので、たぶんホイールの違い?

これまで乗っていたのは何だったのだろうかと愕然としましたΣ( ̄ロ ̄lll)

比べると、これまではカクカクひっかかりながら走っていた感じで、

新しい自転車はスルスルと滑らかに走ります。このグレードのもので

これだけ違うのだからもっと上位グレードだとどうなってしまうのか?とも

思うのですが、そういう事はひとまず忘れることにして、

この新しい相棒と中距離自転車散歩を(←勝手に命名)

楽しみたいと思います(*^-^)